« WBC世界タイトルマッチ | トップページ | 目標に向かって »

卒業

今日は小学校の卒業式。

千早西クラブ11期生の10名、卒業、心よりおめでとう。

コウキは、幼稚園のときからの入部で元気いっぱいがんばってきたね。

特にキャプテンとして最後の1年はみんなを引っ張った。ご苦労さん!

ナオキは、お兄ちゃんといっしょに3年生のときに入部して

そのころからコントロール抜群のウィンドミル・・・みんなを驚かした。

押しも押されぬエースとして、大車輪の活躍、見事でした。

リュウセイは5年で入部したときは、まだまだ荒削りだったけど

ホープスでキャッチャーとして成長。

6年では、打の主軸としてもがんばった。

ピザクック杯決勝でのHR、忘れないよ。

マサトは喘息の持病を持ちながら

時には剛速球の投手として、そしていつもは堅守強肩の1塁手としてがんばってきた。

速球への対応力は見事。

ケイタはオールラウンドプレイヤー。

小技のきく左打者として、また堅守の2塁手として玄人受けするプレーで

みんなをうならせてくれた。

ケンタもお兄ちゃんといっしょに1年生からの部員。

身体の小ささを補って余りあるショートフィルダーとして

歴代の千早西遊撃手陣に、その名を刻んだ。

努力で自分のものにした左打席でのバッティングテクニックは見事!

タクは、外野の固い守りと、オールラウンドに守備をこなす能力で

けが人が出たときにはその穴を埋めた。

県大会でのキャッチャーご苦労さまでした。

鹿児島に行ってもがんばれよ。

ヒロアキについては、語りつくせぬほど思い出がある。

「練習がいやなら寝とけ~!」と怒られて、グランドの真ん中で寝てたのは

2年生のころだったかな。

それが6年生では、すきあらばセンターゴロを狙う抜群の強肩と

相手を驚かすバスターの達人に成長した。

ハヤトはお兄ちゃんといっしょに、3年生のころの入部だったっけ。

引っ越してきてすぐみんなに溶け込み

鋭い当たりのバッティングを自分のものにするために

練習が終わった後も黙々とトスバッティングをしていたね。

マサフミ、6年間本当にがんばった。

千早西クラブのスーパーサブとして、君のがんばる姿に勇気付けられた。

ラストトライアルで決勝のホームを踏んだこと、きっと一生忘れないよ。

6年生の保護者の皆さんのチームワークの強さにも

本当に支えられた西クラブでした。

試合のたびにビデオをまわし

寒い冬も、暑い夏も、子供たちと一緒に歩んだこの年月は

きっと忘れられない思い出となって、皆様の胸に刻まれていることと思います。

山あり、谷あり、思わぬアクシデントも皆様のご協力があって乗り越えることができました。

中学に行っても、みなさんの思い出が詰まった千早公園へ、ぜひ足を運んでください。

千早西クラブも、今年創設12年目。やっと小学校6年生というところです。

これからも、暖かく見守ってください。

みんな、改めて、本当におめでとう!

|

« WBC世界タイトルマッチ | トップページ | 目標に向かって »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

泣ける文面を書くね~。
卒部式を思い出してまた、小さい目から涙が…。
歳とったなぁ。

投稿: ガッチャマン | 2006/03/17 18:17

卒業おめでとうございます。
長年毎週のようにソフトで接している子どもたち、
自然と父親のような気分になりますよね。
西クラブの卒業生のみなさんが中学に行っても
それぞれの道でがんばってくれることを祈っています。
うちの次男もコウキくんのようなキャプテンに
なりたいと憧れています(まだ3年生ですが)。

投稿: ヤマサキコーチ@南新友達 | 2006/03/17 22:12

>ヤマサキコーチ
お言葉ありがとうございます。
コウキは中学の部活で野球部に入るそうです。
何かの大会で、ソーシ君と会うこともあるかも
その節はよろしくお願いします。

コウキは張り切りマンでしたが
おっちょこちょいが玉に瑕で
2アウトなのにダッシュでベンチに帰ってくることが
ままありました。
シュー君には、その点だけは見習わらないよう
ご忠告ください

投稿: ちはやにしくらぶ | 2006/03/19 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業:

« WBC世界タイトルマッチ | トップページ | 目標に向かって »