« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

お楽しみはこれからだ!

九州大会の県内各地区予選も終わり

6月10日、11日雁ノ巣で県大会が行われる。

残念ながら、わがクラブは出場はならなかったが

交流のあるチームも複数参加されるようだ。

各チームの健闘を祈りたい。

全国、西日本、九州の予選が終わった今

チームとしては次なるステップに入らなければならない。

福岡少年ソフトボール大会、ピザクック杯と

「暑さとの戦い」が求められる。

そして、リーグの各チームも力をつけている。

リーグ戦、そして大津守杯はなんとしても勝たなければならない。

「スモールソフトボール」

大きいのが打てなくても、当てて、走って、1点をもぎとる、

そして投手ワンマンでなく、全員で守りきるソフトボール、

それが今年の目指すべき西クラソフトという印象だ。

そのために、今、われわれは何をしなければならないか・・・

ここはひとつ、じっくりと、保護者の方々(特にお父ちゃんたち)と

飲み会 ミーティングをやったほうがいいんじゃないかと・・・

ちょっとだけビールなんぞをまじえて

いかがなもんすかね?

3日の育成会大会の日の夜とか・・・

本音どうぞの無礼講ということで

| | コメント (5) | トラックバック (0)

FJS連盟のY事務局長

FJS連盟の事務局長のYさん

今日の練習試合では、ノックバットならぬ
割り箸を持って
綿菓子を作っていた・・・

う~む。似合いすぎる・・・と思った。
ありがとやんした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州北部の梅雨入りは来週後半か

 九州南部が梅雨入りしたとみられる26日、福岡県内でも1時間に数ミリ程度の雨が降り続いたが、福岡管区気象台は九州北部の“梅雨入り宣言”を見送った。月末にかけて晴天が予想されるためで、九州北部の梅雨入りは、早ければ来週後半になるという。

 同気象台によると、梅雨入りは、曇りや雨の日が1週間程度続くのが条件。九州南部は、前線の影響で悪天候が続く見込み。一方、九州北部の天気は、前線が沖縄付近まで南下するため、29日ごろ回復しそうだ。

 同気象台は、前線が再び北上する6月1日以降、曇りや雨が続くとみている。九州北部の平年の梅雨入りは6月5日ごろ、梅雨明けは7月18日ごろとなっている。
=2006/05/27付 西日本新聞朝刊=

来週末も雨なのか~!!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども会の思い出

私の出身地は、北九州市の門司区というところです。

小学校6年生になるころ
子ども会でソフトボールのチームが結成されることになった。
白地に黒でチーム名が入った、ユニフォームをもらった。
「すごい!テレビのプロ野球選手と同じだ!」
帽子は各人バラバラの野球帽
足元はゴムのズック

毎週日曜日の午前中、近所の高校のグランドで
お父さん達と練習をした。
夏休み、校区大会があって、優勝。
区の大会は「門司球場」というところであった。

生まれつき喘息で身体が弱く
ステロイド剤の影響で肥満児だった私は
ライトで9番だったけれど
とても、とても楽しかった。

大会が終わったあとも、練習は冬の初めまで続いた。

木のバット、ヘルメットも無し。

そんな体験が、私のソフトボールとのかかわりの原点です。
今から、32年前のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなってるの!???

またまたココログの調子がおかしい!
記事が無くなった????

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デブは汗をかく

私の好きな漫画家の一人に「山科けいすけ」がいる。

「ビッグコミックオリジナル」誌上に「C級さらりーまん講座」

「週刊朝日」に「パパはなんだかわからない」などを連載。(いずれも4コマ漫画)

彼の描く多彩なキャラのうち、太っているサラリーマンというのがあるが

大概いつも汗をかいている。

山科けいすけの妻も漫画家である。

「ヤングジャンプ」に連載されていた「少年アシベ」という漫画(「ゴマちゃん」というゴマアザラシの赤ちゃんが登場する)を描いていた、森下裕美。

森下は現在、「毎日新聞」夕刊に「ウチの場合は」という4コマを連載中であるが

これに登場するお父さんも、デブでいつも汗をかいている。

デブは汗をかくのである・・・

今日も、昼飯に五目中華そばwithチャーハンを食べながら

体中発汗し、その汗が引くまで仕事にならなかった私。

田島ノックを本気で受けなければと、そんなときふと思う・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の日差し

いや~UV日和でしたなー
この二日間

私は先週、腕の皮が一皮向けて
今日は二度焼き

純白の二の腕と
肘から先の小麦色が
見事なツートンカラーをなしております。

先週の金武ジュニアさんに続き
今週も「良く似たユニフォームの色」
若葉台さんとの試合でしたが

良く見ると、監督、コーチ陣の
顔の色も良く似ていたような気がします。

美肌対策忘れずにね・・・・

でも一番黒いのは八田さん・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り?

じめじめと雨が降ったりやんだり、

肌寒かったり、蒸し暑かったり

変な天気が続いている。

もしかして梅雨入り?

土日の練習が心配だー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たばこ値上げ

7月からたばこが値上げされるそうですね。

私が吸ってるマイルドセブンシリーズは、増税分を上回る

一箱30円の値上げで、いよいよ300円突入です。

タバコを吸い始めたころに比べれば、倍ですね。

約30年間で倍。(お前何歳やねん?という突っ込みは無し)

今回の値上がりの主な原因は増税です。

税金が占める割合が多いのはビールも同じです。

ビールの場合は、税金を逃れるために「発泡酒」や「第三のビール」が生み出されました。

そのうちモクの方も、「たばこもどき」が現れるかもしれません。

健康に良いビワの葉を使った「ビワこ」とか(滋賀県かい!?)

梅の葉で「うめこ」とか(おばあさんかい!?)

やつでの葉で「やっこ」とか(豆腐かい!?)

中学のころ、紅茶を辞書の紙で巻いた「紅茶たばこ」というのを作って吸って

あまりの苦さに辟易としたことを思い出します。

すいません、今日の内容は青少年の健全育成からかけ離れた内容でした。

西クラブでは、ホープスのほうにちょっとだけかかわりのある内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

掲示板の障害について

5月18日19:00現在確認したところ、西クラブの掲示板をレンタルしているhidebbs.netのサーバーに障害が起こっている模様です。

掲示板に接続できない状態ですが、しばらく様子をみます。

最悪の場合、最新の発言がいくつか消えているかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

交流戦開始

本日より、プロ野球は交流戦が開始。

一昨年のストを受け「人気回復」のために導入されたセ・パ対決。

春先より、WBC効果か、公園でキャッチボールやトスバッティングをしている親子連れの姿を多く見かけるようになったが、しかし油断してはいけない。

サッカーW杯がいよいよ一ヵ月後に迫っている。

実は西クラブ誕生の背景には、Jリーグ発足のサッカー人気で「このままではサッカー小僧ばかりになってしまうのでは・・・」と危惧する町内の野球バカ、いや、野球ファンの思いが込められていたことを知る関係者も、今は少ない。(具体的にはEコーチ、T代表あたりですね)

今週末より、育成会(子供会)のソフトも練習が開始するので、ひとりでも多くの子供にソフトに関心を持ってもらいたいと思う。

まあ、サッカーでも何でも、スポーツに関心を持ってくれればそれでいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内臓脂肪症候群

1300万人が有病者 メタボリック症候群

 内臓脂肪型の肥満に高脂血症や高血圧、高血糖の症状が重なると、それぞれは深刻でなくても心筋梗塞(こうそく)や脳卒中などに進行する危険性が高まる「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」について、成人の有病者は約1300万人と推計されることが8日、厚生労働省の2004年国民健康・栄養調査で分かった。

 有病者一歩手前の“予備軍”も約1400万人で、両方合わせると約2700万人。中高年になるほど増加傾向を示し、40−74歳に限ると男性では2人に1人、女性では5人に1人が有病者か予備軍だった。

 メタボリック症候群の実態を国が調査したのは初めて。厚労省生活習慣病対策室は「重大な結果だ。原因となる不健康な生活習慣を改善するには適度な運動とバランスのよい食事、禁煙が大切だ」としている。 (西日本新聞 5月8日)
これって俺のことじゃん!!
あらためて、決意。練習するぞ!
(禁煙は?)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

暑さ対策

昨日は皆様お疲れさまでした。

帽子とUVカットの眼鏡の部分だけが白く

鼻と頬から下が黒く日焼けし

レッサーパンダのような顔になってしまいました。

今朝会社で早速上司から「なんか変な病気か?」と突っ込まれてしまいました。

昨日は試合の方も白熱しましたが

気温もぐんぐん上がり夏日だったとのこと。

つい一ヶ月前までは、朝の通勤時には

コートを羽織っていたのがうそのようです。

今後は「暑さとの戦い」が加わってきます。

冬の寒さも厳しいが、夏の暑さも厳しい雁ノ巣

「博多の局所大陸型気候」といった感じですが

ウォームアップで、まずしっかり汗を出すこと

こまめな水分&塩分補給

アンダーシャツの替えの準備など

細心の注意と、暑さに負けない身体作りを

がんばっていかなくてはなりません。

お母さんたちのご協力もいただいて

事故の無いよう、気をつけていきましょう。

PS 千早西母軍団の皆様、昨日は、アイスとホット、両方のコーヒーを準備していただき、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »