« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

井戸を掘った人

中国のことわざに

「水を飲む人は井戸を掘った人のことを忘れるな」ちゅーのがあるそうだ。

松坂60億円、井川30億円・・・・

ポスティングで球団が手にする金である。

はっきりいってバブルである・・・

千早西クラブの時価総額をはるかに超える(←比較の対象として少々難があるが・・・そもそも西クラブの時価総額っていくら?)

閑話休題

松坂や井川のメジャーでの活躍は楽しみだが、やはり我々は一人の男の存在を忘れてはいけない。

95年、近鉄を任意引退扱いとなり、わずか年俸980万円で単身メジャーリーガーとなった、野茂英雄のことを・・・

年俸980万円て、俺より少ないじゃん・・・

(嘘、嘘、ちょっと見栄はりました・・・)

(はい。”ちょっと”じゃなく、”かなり”見栄はりました・・・)

その後の野茂の活躍があったからこそ、イチローがあり、松井があり、松坂や井川があるわけである。

新庄・・・彼もサムライであった。FAで阪神球団が提示した5年12億円を蹴り、年俸2200万円でニューヨークメッツへ渡ったのだから。

(もっとも彼は、プロ入り4年目で年俸が2200万円になった際、2000万円のベンツを買い、残りの200万円で生活しようとしたが、税金のことを考えていなかったため、親戚のおじさんに生活費を助けてもらったというくらい、金銭感覚が常人とはちょっと違う人なので、野茂といっしょにはできないと思うが。)

先日、西小学校の20周年記念誌に、4年生が「10年後の夢」を書いていた。

読んでみると面白い。

ちなみにうちの息子は「WBCで勝利投手になっている」だった。是非かなえて欲しい。そのときは、ダン・ノムラさん、よろしくお願いします。

しかし、そんな「夢」に混じって、最も堅実な夢を描いているのは、裕一だった・・・

「九州共立大学で一番サードとして活躍中」

こちらも是非かなえて欲しい夢だ・・・

とにかく、井戸を掘ってれば、そのうち何かを掘り当てるかもしれない。

西クラブコーチの皆さん、頑張って井戸を掘りましょう・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ぼくを探しに(つづき)

そろそろ来年の手帳を買わないといけない。

皆さん年賀状の図案は決まりましたか?

前回の「ぼくを探しに」のブログ。絵本を読んだことが無い人には、なんのことやらわからなかったかも・・・

ちょいとネタバレですが、意図したところの「解説」を(いささか無粋ですが)。

「ぼく」は、ちょっと欠けたところのある円。

円グラフで、10%ぶんくらいが欠けたところがあるとイメージしていただければ。(あるいは昔のTVゲームの『パックマン』)

「ぼく」は、ころころ転がりながら「欠けたところ」を探す旅にでかけます。

しかし、欠けたところがあるため、スムーズには転がれません。

でも、そのおかげで旅の途中で、花を眺めたり、ミミズや蝶と話したり、いろいろな体験をします。

「かけら」を見つけたと思っても、形が違っていたり、落としてしまったり、なかなかすんなりとは見つかりません。

しかし、ついに、ピッタリの「かけら」を見つけます。合体して、完全な円になった「ぼく」は、以前よりずっと早いスピードで転がることができるようになります。

でも、以前のように、ミミズや蝶と話したり、花を眺めたりすることはできません。

結局、「ぼく」は、その「かけら」を捨て、もとの形に戻ることを決意し、実行します。

少年ソフトボールのチームというのも、なかなか理想の形になることはありません。

どこかに穴があったり、弱点があったり、出張っていたり、引っ込んでいたり・・・

もちろん連戦連勝、スムーズに転がるということはまずなく

ひっかかったり、つまづいたり、チームの中で不協和音が生じたり、指導方針をめぐって意見の違いが生まれたり・・・・

でも、その過程こそが、本当は一番大切で、楽しいものなんじゃないでしょうか?

え?うちのチームは、円に近い形じゃなくて、足りないところが多すぎて、むしろ「かけら」のほうに近い形?

それならば、同じ作者による続編「ビッグ・オーとの出会い」がお薦めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぼくを探しに

『ぼくを探しに』という有名な絵本があります。シルヴァスタインという人の作品で、完全な円ではない欠けたところのある「ぼく」が、その欠けた部分を探しに旅に出るという話で、シンプルな絵とストーリーなのですが、いろんな読み方(解釈)ができて、楽しめる絵本。子ども向けというより、むしろ大人向けなのかもしれません。

何かが足りない
それでぼくは楽しくない
足りないかけらを探しに行く
ころがりながらぼくは歌う
「ぼくはかけらを探してる、足りないかけらを探してる、
ラッタッタ さあ行くぞ、足りないかけらを……

欠けたところがある「ぼく」はうまく転がれないのだけれど、いろんな経験をします。
ついに、ぴったりの「かけら」と出会うのだけれど、結局・・・・

ソフトボールのチームというのも、「足りないかけら」を探す旅なのかもしれません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この人は平気

この人は平気

| | コメント (4) | トラックバック (0)

走らんか!

土曜会オープントーナメントに参加。

今日は忘れ物も無い・・・よしよし・・・
気合いれていくど~と、

試合に臨んだが・・・

5イニングでダブルプレー3つを喫し
相手にはほどよいタイムリーを喫し
なすすべもなく初戦敗退・・・

勝ち方を忘れた千早西クラブ

ついに監督のこの一声が

「走って帰れ!」

雁ノ巣からアイランドシティを経て千早公園まで
無理ではないけど遠い距離・・・

それに続く監督の指令

「俺は車で帰るけん、コーチ達は伴走よろしく」

走らんか!

(写真:6.3kmを伴走し、公園に到着したものの、精も根も尽き果てた32番コーチ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MNP

雨で予定されていた練習試合も早々に中止に。
実は、私は、息子の(年に一度の)サッカーの試合のため
西クラブの方はお休み頂いていたのだが、
なんとサッカーの試合も中止・・・

月謝は高いし、週1回しかないし、いささか軟弱なサッカー教室です。
(サッカー協会加盟の組織ではない会社が運営している)
とはいえ、だから西クラブと両立できてるんだけど。

ぽっかり予定があいた祝日。
どう過ごす?
妻が、3年も使ってるボロボロの携帯を、機種変更するというので
近くのショップまでいくのに、つきあう。

実は我が家は3人(妻、長男、長女)がau
私一人が(携帯を持ったのは一番早かったのだが)softbank

で、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)が始まったということもあって、家族割りや無料通話分の家族間での割り振りができるということで、auへの変更を検討していたのだが、仕事も忙しく休日はもっと忙しく、ショップに行く暇がなかった。

「予想外」のsoftbankの通話料「0」とかいうのも、私の周囲にはauとdocomoの人が多いのであまりメリットはなさそうだし、アンテナの立たない場所が他の2社に比べて多いのを実感していたので(山の中など)、「思い立ったが吉日」とMNPを実行。

(softbank関係の方、ごめんなさい)
(NTT関係の方も、ちょっぴりごめんなさい)

こういう「流行りモン」には弱いので、早く経験してみたいというのもあった。

機種は、テレビとかは必要ない。新しいヤツ(W45T)を、たまりにたまった妻のポイントで、無料でゲットした。ありがとう家族割り。

ところが、softbankを解約するのに「年契」を中途解約するため4000円もとられてしまった。結局、なんだか金はとられるようになっているのだなぁ。

家に帰って、早速、取り扱い説明書片手にピコピコ。
一斉送信でメアドが変わったお知らせをする。
監督から「cメール」で返事がくる。

「ヤマサキコーチもcメールよ」という情報を得て、ヤマサキコーチにcメールを送る。

早速返事が返ってきた。「MNFしたんですね」。お約束・・・

スカイメールよさようなら・・・
こんにちはcメール・・・

JーHONEに契約当時、CMは藤原紀香だった。
今、auのCMは仲間由起恵

紀香よさらば
由起恵ちゃん、こんにちはという感じです。

雨の日のくだらない話題でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんとかしたい。なんとかしよう。

日曜日の午後から昨日まで、仕事が山盛り、大盛り、特盛だった。

昨夜は、仕事関係での飲み会(いわゆる「接待」ちゅ~やつですね)が入り、中洲で3次会まで・・・・

なかなかブログ、HPとも更新できず、お許しください。

今、仕事の合間、早めの昼休み。

日曜日のチャンピオン大会の結果は、掲示板に書いたとおり。

試合の反省については、監督が選手たちと当日やってるし

どうこういうつもりはない。

ただ、これも監督が注意していたけど

恥をさらすようだけど、あえて書く

当日、私は朝から頭にきていた。

まず、荷物積み込みの際、キャッチャー道具の確認がきちんとされておらず、結局荷物をもういっぺん出し、再確認。必要なセットが積み込まれていなかったことが判明。

先週、キャッチャーメットを忘れていたことを、どう考えているのか。

Bチームの名誉のために言っとくと、先週の件は、Bが忘れたのではなく、Aが忘れたため、BのヘルメットをAが使い、Bは南さんからお借りして試合ができたのだ。

そこで、私は怒りが沸騰し、冷静な判断を下せない状態になっていたかもしれない。

「団旗とプラカードもなかろうもん!」

なにを考えとるんだこいつらは!

相当かっか来て出発。

雁ノ巣について、荷物を下ろすとき、子供が気づく

「あ、練習ボールがない・・・・」

愕然。もちろん初めてのこと。

会場について、旗を準備すると、今度はポールの先につける剣がない・・・・

監督から大概怒られ、全員の責任だということは、少しは自覚したようだが

試合をする以前の、根本的なこと、掲示板に書いたことが、全然できていない

なんと書いていたか・・・

来週の福岡市チャンピオン大会、節目の大会です。
勝利を目指すことはもちろんですが、クラブで培ってきたことを真剣に出してもらいたい。


声を出す、ひとりひとりが真剣に。
道具を大切に、感謝の心をもって取り扱う。
心を込めた礼儀を、挨拶を。


暗闇の中では、まず足下を照らすことです。
まず出来ることに、全力でとりくもう。
そうすれば、自ずと結果はついてくるはずです。

情けない・・・

子供たちにも責任はある。しかし、子供たちができないのは、やはり指導者の責任でもある。

なによりも、道具積み込みの際、私がもっと注意しておけば、その場で気づき、雷を落とすことで、子供たちに気づかせることができたかもしれない。

自分自身が情けない。

今期も残り少ないが、もういっぺん再確認すべきことが多々あるような気がしている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ここで全てがわかる

まあ、あまり他人のブログをネタにするのは
なんなのだが、今日は軽く接待の帰りで
酔っ払ってて頭も回らないので、ご勘弁いただいて。

福岡少年ソフトネット界で話題騒然の
那珂南さんと東月隈さん
両チームとも監督さんは威厳ある立派な方なのだが
ヘッドコーチがそれが、その・・・・

お二人のブログを総合するとこういうことです。
まず、松坂がポスティングで60億円で落札されたと・・・・

いうまでもないが、この60億円は、この二人には縁もゆかりもない話である。
まちがってもおこぼれに預かることはない

にもかかわらず、ふたりはお祝いをすることになった、と・・・
で、おちあって鍋を食べた、と。
冬は鍋・・・それは納得できる。理解可能。
しかし、が、が鍋に入ってなかったと・・・
それでを所望したと、
念願かなってを食ったと、
で、仕上げは雑炊にしたと・・・・

うらやましい・・・・

で、それはさておき
那珂南ヘッドの奥さまが東月隈ヘッドを車で送ってくれたと。
そして、その日は那珂南ヘッドの奥さまの誕生日だった、と・・・

奥さまの誕生日だった、と・・・

奥さまの誕生日だった、と・・・

奥さまの誕生日だった、と・・・

こうして取り返しのつかない日々を送りながら、お二人は少年ソフトに打ち込んでいるわけである。いや、打ち込まずにはおられない日々と言い換えてもよかろう・・・・

うちのコーチ連中も、大体似たり寄ったりです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

門松

門松

天神の郵便局
いくらなんでも早いだろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七五三

今夜12時(16日午前零時)、ボジョレーヌーボー解禁!

でも私はやっぱり芋焼酎のお湯割りが最高!

コンドルズさんのブログにもあったけれど

本当に最近、子どもをめぐる悲惨なニュースが多い。

家に帰って、あまりTVのニュースを見たくない感じ・・・。

さて、気をとりなおして

今日は七五三ですね。

先日は、「悠ちゃん」のお宮参りの様子も報道されていました。

我が家でもそうですが、どこの家でもお子さんの成長を祝って

「七五三」のお祝いをされたのでは?

我が家の場合・・・

長女(第一子・21歳)・おばあちゃんから着物を仕立ててもらい、写真をとりました。

長男(第二子・18歳)・記憶は定かではないが、一応写真はとったと思う・・・

次男(第三子・10歳)・写真・・・とったかいな・・・すでに長男が西クラブに入っており、それどころじゃなかった・・・?

末っ子は甘やかされる一方で、どうもお祝い事などが「ないがしろ」にされる傾向が。

(うちだけか?)

以後気をつけよう・・・。

<追伸>

那珂南さんの部員に可愛い弟さんが誕生されたとのこと。

第三子のようですので、うちのテツを踏まず上の子と同じように・・・(よけいなお世話!)

なんにしろ目出度い。那珂南さん関係者はボジョレーで乾杯?!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早起き早寝

第2回アジアシリーズは日ハムが優勝

台湾のチームも強かったね~

日曜日は永犬丸レッドライオンズ記念大会へ。

朝6時集合。眠い目をこすりながら北筑高校へ。

ここは、私が高校時代に新設された高校で、同級生のお父さんが創立時の校長先生をやっていた。

とはいえ、訪れるのは初めて。

広いグランドでした。

この大会を紹介してくれた南ニューフレンズさんはじめ

フレンドシップの吉塚さん、八田さん、原田さん、那珂南さん、東月隈さんとおなじみのチームも参加。

私はBに帯同し、急遽会場となった八枝(やつえ)小学校へ移動。

ここは「風林火山」さんのホームグランドだ。

組み合わせを見てうなった。同じリンクにあの北九州の「津田」さんがいる!

先日、4年生以下チームで対戦(練習試合)し、けっちょんけちょんにやられた相手。

試合は、2勝同士で、津田さんとの準決勝進出をかけたタイブレーカーに敗れ

残念ながら敗退。

津田さんの4年生チームは強い!間違いなく2年後には県でも屈指のチームとしてわれわれの前に立ちはだかってくるだろう(そこまで我々が到達できるかどうかは、また別の話として)

Aは、強豪の前に2敗・・・奮起を望む!

ちなみに、12日行われた東連盟の「九電杯」は、1位新宮イーグルスさん、2位香椎ジュニアさんと、リーグ戦順位とはまた違った結果になったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご自愛ください

あっというまに立冬!

早いね~

福岡少年ソフトネット界で話題騒然の博多区トリオ

「中味、並」さんのらっこさんと「コンドルズ」さんの旧姓アル中31さん(現在は”綿菓子31さん”)、そして、自身はホームページを持たないのに、なぜかどこででもお見かけする「M島H本」さん(「ウォーリー」の別名も)。

この3人に最近相次いで「異変」が起きている

まず、M島H本さんが、「ニュードリーム大会」を欠席して○イ○ン旅行に出かける前後から、PCが不調に・・・ネット上から姿を消し、一時は「失踪・捜索願い」が出される事態に。

それ以降も、なぜかハンドル(ネット上の名前)が誤変換するという現象に悩まされている。

また、らっこさんは、「ニュードリーム大会」での惨事(千枚通し指貫通事件)以来、悪性の病に倒れ、現在は原因不明の顎関節症を併発しているらしい。

なんの問題もないと思われていた綿菓子31さん(うちのK藤監督と仲がよい)も、先日のブログによると「40にして立たず」らしい・・・

くわばら、くわばら・・・やはり、あることに熱中しすぎると、どこかでひずみを生じ、人生に影響を及ぼすらしい。

私は、仕事に専念することにしよう。(ちゅーか、まだ職場。職場のPCでブログ更新すんな!という突っ込みはなしで)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

欲求の五段階

米国の心理学者にアブラハム・マズローという人がいます。
この人は「欲求の5段階説」というのをとなえました。

人間はまず、食事や睡眠を確保して生きたい(生理的欲求)
次に、病気や天災から逃れて安定的に暮らしたい(安全欲求)
こうした欲求が満たされてから、
他者と関わりたい、他人に認められたい(社会的欲求)
他者から価値のある存在であると認められたい(自尊欲求)
そして、自らを研鑽して創造的活動を行う(自己実現欲求)
これが、階層をなして、低位の欲求が満たされたのちに
高位の欲求に移っていく、ということを主張したそうです。
(受け売りですが・・・・)

ソフトボールのチームにも同じような段階があると思うんです。
まず、ソフト(スポーツ)がやりたいな~(生理的欲求)
安定的に9人以上でチームを組んで、コーチも揃って(安全欲求)
試合もしたいな~リーグにも入りたい(社会的欲求または親和(所属愛)の欲求)
できれば強いチームになりたい!(自尊欲求)
そして、そして、オンリーワンの素晴らしさを持ったチームになりたい!!(自己実現欲求)

一年一年歴史を積み重ねていく中で、この段階が進んでいくという面もあるし
一年の中で、新チームがだんだんと成長していく過程もある。
ひとりひとりの子ども、また指導者(監督・コーチ)にもあるんじゃないでしょうか・・・・

大事なのは、この「段階」を飛び越えては、動機付けができないということです。
ルールもボールの投げ方、捕り方もよくわからないのに
いきなり「試合に勝つこと」を目的として与えても、うまくいかないということです。

指導者は、やはり理想を高く掲げるべきと思います。
しかし、そこに到達するには「階段」「はしご」を登らなければ
一足飛びにはいかない、ということもまた現実だと思います。

「自尊欲求」までを、「欠乏欲求」(欠乏を満たすための欲求)といい
五段階の頂点をなす「自己実現欲求」を「成長欲求」とするそうです。

まず試合ができるチームにしたい
そして、できれば強い(試合に勝つ)チームにしたい。
(単に「強い」ということに限らず、ここはそれぞれのチームの価値観によって違いがあるかもそれません。礼儀とか、道具を大切にするとか)

ここまでは、私も考えます。

そして、さらにその上の高みを目指すために必要なことは何なのか・・・
いまさらながら、まだまだ勉強だなぁ、と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

親子レク

Imgp0683_2

Imgp0684

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らっこ指負傷

Imgp0663







奥さんにいいつけまっせ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュードリーム8 2006

一部の福岡少年ソフト界では話題、注目独占の
「ニュードリーム8 2006 新人戦大会」
本日千早公園で無事行われました。

ただいま、楽しい打ち上げ会から帰宅したところです。
HP更新(秘蔵映像あり)は後日のこととして
本日の全試合結果をここにお伝えしたいと思います。

<1回戦>
矢留スポーツ少年団(柳川)1-0桜台ヤングス(筑紫野)
千早西クラブ(東区)5-0美野島クラブ(博多区)
百道ストロングス(早良区)0-4那珂南クラブ(博多区)
吉塚クリッパーズ(博多区)3-1八田リトルペガサス(東区)

<2回戦>
千早西1x-0矢留(延長TB)
吉塚4-2那珂南

<決勝>
吉塚1xー0千早西(延長)

<敗者復活戦>
桜台4-0美野島
八田3-2百道(延長TB)

<3・4位決定戦>
矢留2-1那珂南(延長TB)

<5・6位決定戦>
八田0-7桜台

<7・8位決定戦>
美野島0-2百道

スコアに見られるように、各チーム力の均衡した、すばらしい大会となりました。
企画をしくださった、吉塚古川監督、八田鬼海監督に御礼申し上げます。
そして、今日参加していただいた全てのチームの来シーズンの更なる飛躍と健闘をお祈りいたします!

(ラッコさん、指大丈夫?)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »