« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

ハッピー ラッキー 大当たり

残念ながら、宝くじの話ではありませんが・・・(笑)

先日の屋形原ライオンズ杯
千早西にとっては、いろんな面で
ラッキーでした。

まずお天気
週間天気予報では、ずっと土日は曇り時々小雨
降水確率40%・・・
冬の雁ノ巣で、濡れながらソフトかぁ・・・
と思っていたら、ご存知の通りの
微風快晴、この季節としてはベストコンディションでした。

(この点は、屋形原のO監督の功徳かと・・・)

コンディションといえば、
6年生9人が、全員元気に出場。

準エースのヤスが、秋に肘を剥離骨折
また、切り込み隊長キョウヘイが
秋の読売旗の準決勝、
ホームへのヘッドスライディングで指を骨折・・・

その二人の傷も癒え、無事出場。
そして、下級生も、誰一人風邪をひかず
元気に出場&応援!

リンク予選では、強豪チームが引分で
「漁夫の利」でリンク決勝なしで翌日に進み、

準々決勝では、キャプテンリンタロウの
ダイビングキャッチや
スーパーサブ・ユウジの打点などで逆転勝利。

準決勝は、東区のライバル、八田リトルペガサスさん
鬼海監督、我がチームのことのように
うちの子供たちのことを気にかけてくれた。

0対0の膠着状態が進む中
突然、我々の3塁側ベンチの上空に
凧がどこからか飛来・・・・
ゲームは一時中断し
糸の切れた凧の回収。

これが流れを変えたのか、
直後、ヒデの決勝ホームランが!

何か、何かを感じつつ
八田さんと高木さんの3位決定戦を見守りながら

「ちょっと喉が渇いたな、コーラでも飲もうか・・・」と
自動販売機へ

100円入れたけど、ランプがつかない
返却ボタンを押したけど、もどってこない・・・

「あちゃ~」と思って、販売機をガンガンと叩いていると・・・

木の葉の切れ端とともに、
じゃらじゃらとお金が!
820円!(^^;

狸の仕業か?ラッキー!しかし

「あー、こんなことで運つかいたくね~」と思いつつ
決勝戦へ。

その後は、前回のエントリーで書いた通り
最高のフィナーレとなった・・・・

やはり、日頃の行いだなぁ(大笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ドラマチック ファイナル

Simgp1924







初場所千秋楽の横綱決戦
白鵬が朝青龍をやぶり優勝した日・・・・

大阪府知事選挙で
橋本弁護士が当選した日・・・

大阪国際女子マラソンで
マラソン初挑戦の福士加代子が
4度転倒しながらゴールにたどり着いた日・・・

2008年1月27日 日曜日
この日を、将来、私たちは
そしてこどもたちは
どのように思いだすことだろう?

屋形原ライオンズ杯少年ソフトボール大会
6年生ファイナルトーナメント

決勝戦の相手は、今季公式戦で1度も勝っていない
那珂南さん

昨年のこの大会、新人戦であたり
6-0で負けてからずっと
今季のチームはその背中を追ってきた。

ともに切磋琢磨し、練習試合も重ね
ライバルとして互いの成長を競いあった盟友

そのチームと、6年生最後の試合
最後の決勝戦で戦うことができた。

堅い守りと、油布大地くんの豪腕に果敢に挑み
ランナーを出すものの1点は遠く

数々の大会を制したシュアなバッティングと
スキのない走塁を
ヒデの力投とバックの懸命な守りで凌ぎ
1点を与えず

5回を終え、0対0のまま試合は延長タイブレークへ

表の攻撃、千早西は、3イニングホームを奪えず
裏の守り、千早西は、3イニングホームを死守し

ノーアウト満塁のピンチにも、動じずヒデは淡々と投げ
バックもその持てる力の極限を表わし
守って、守って、守り抜いて
キャッチャーのテツヤは壁となって
ホームに立ちはだかる。

風の冷たさも、太陽の穏やかな日差しも
すべてを超え
9人が
ベンチが
下級生が
父や母、祖父や祖母、弟、妹が
敵と味方を越え
ひとつの白いボールの行方を追い
声援がこだまとなってグランドを覆う。


 

この時間が永遠に続くような思いに襲われる。

だが、終わり告げる時はやってきた。

タイブレーク4イニング目の表
ランナーを3塁に置いて
ヒデの鋭いあたりが地を這うように
センター前へ抜け
ついに1点を奪う。

その裏、那珂南の打順は3番大地くんから。
バッターボックスに入る前
父である監督と会話を交わしている。
それをお母さんが祈るように見つめている。

強行、内野安打
フォアボールで3たび目のノーアウト
満塁に・・・

6年生の最後の試合を見るために
応援するために
いつもは公園で練習している下級生たちも
雁ノ巣へやってきた。

砂遊びや手遊びをしたり
よそを向いている子はひとりもいない。
みんながあらんかぎりの声で叫び
心の底からの声援を送る。
それは相手ベンチも同じ光景だ。

2アウト、最後のバッター
打球は、5年生としてただひとり
ショートの守備に入ったシノケンの前へ

かがむ、捕る、ファーストへの送球
そのひとコマひとコマがスローモーションのように見え

日差しに照らされ白く輝くボールが
ファースト、恭平のミットに吸い込まれる。

6年生たちの最後のゲームが終わった。

歓声、拍手、ため息、そして涙。

この記憶が消えることは、これからの生涯のなかで
決してないだろう。

ありがとう
ありがとう
ありがとう・・・・

Simgp1938

| | コメント (9) | トラックバック (1)

いよいよ・・・・

明日は6年生のファイナル大会
「屋形原ライオンズ杯」
なんとか雨が降らずにもって欲しいが・・・

今のところ天気予報は「曇」
寒い一日になりそう。
寒さを吹き飛ばす熱いゲームで
全てを出して欲しい!

今夕には「センバツ」出場校も決まる。
春はもうそこまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪

髪の毛が伸び放題になっていたうちのアキラくん。
昨年、丸刈りにした状態から半年以上そのままで
前髪が目にかかるまでになっていた。

「床屋に行ってかっこいい髪形にしてこいよ」
というのだが、「お父さんに刈ってもらうのがいい」
というので
昨夜、スキカルで丸刈りに・・・

冬なので、少し長めにしました。

椎名誠の『岳物語』の中に
シーナさんが、息子のガクの頭を丸刈りにするときの
エピソードが描かれているのだが
うちのアキラくんも、いつまで私に散発をさせてくれることやら?

「寝癖がつかんでいい!」とご機嫌でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

授業参観

本日は小学校の授業参観であった。
私は行かなかったけど、ママが参観。

朝、小雨が降っていたのを見て
学校へ行く前の
アキラが機嫌を損ねていた。

5年生は2クラスあって
授業参観は
アキラたちのクラスが体育館で跳び箱
もうひとつのクラスが校庭で「タッグラグビー」
という予定だったらしい。

ところが雨が降ると校庭がつかえず
「2クラスとも同じ科目」が原則のため
算数にふりかわるらしい・・・

跳び箱は得意のアキラだが、算数は・・・
それで不貞腐れていたようだ。

でも、子供の頃、どちらかというと
「跳び箱より算数のほうがいい」子だった私は
雨が降ってほっとしている子供たちの気持ちもわかるような気がした。

(結局、その後雨はあがり、参観は『体育』だったそうです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あるパーティのこと

先日の筑紫野で行われたファーストトライアル
終了後懇親会もあったのだが、
そちらのほうは綺麗どころと影武者、そして
西クラブで唯一酒に飲まれない前31番にまかせ
私と監督は、市内某所で開かれた
あるパーティに出かけた。

ジャージとジャンバーで行くわけにもいかず
スーツ、ネクタイ一式を持ってきていて
農トレで着替えた・・・

そのとき、監督が
「あっ!ベルト忘れた!」

んで、南のヤマサキコーチに筑紫野・大宰府周辺にある
100円ショップの場所を必死に聞いていた。

3号線に出てすぐ

私「あ、青山があるよ」

監督「いんや。100円ショップ探す」

しばらく行ったところでかなり巨大な「ダイソー」発見

私は駐車場で待つが、なかなか監督が帰ってこない・・・・

「店が大きすぎて見つからんとかいな?」と思っていたところに

帰ってきた監督。手にはベルトが

「おお~。よかったね~」

さっそく締めようとしたのだが・・・

短い、監督の胴回りに比べ、あきらかにベルトが短い・・・

お腹をへこまして、ようやく装着。

私「大丈夫スカ?顔色青くなってますよ」

監督「大丈夫、大丈夫」

皆さんご承知のことと思うが、うちの監督も人一倍の負けず嫌いだ。

その精神力は賞賛に値するが、でも苦しそう。


市内に入り道路が渋滞。

開宴すこし前に会場に到着。

すると、入り口に、様々な色のスーツを着た

○○○雰囲気のおじさんたちが。

その中でもひときわあ○しい坊主頭の方が

「あんたたちが最後ばい!」と我々を脅す、いや言う。

「うそでしょう~」といいながら

どこかの組の人が間違えて弾うたんやろうね・・・と心配しつつ受付をすませる。

会場に入ると、席はほとんど埋まっており、本当に私たちが最後だったよう・・・

「あ~あせって喉渇いたね。はやく乾杯にならないかな~」と思って座っていたが

その主催する会の歴史と伝統ゆえ、式典が延々と続き

なかなかビールにありつけない・・・・

どうなることかと思っていると

最後のほうで、挨拶に指名された某議員さんが

「いや、挨拶はもういいけん、はよう乾杯しましょう」

と、素晴らしい提案をされ祝宴に・・・

とはいえ、式典、出席者、進行どれも見事なもので

心の底からお祝いの気持ちが湧いてきた(注:ビールを飲んだ後)

そんなこんなで、無事パーティは終わり、

ビールと焼酎とご馳走をたらふく食べ

満足して我々は運転代行で帰途についたのだった!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

中年の主張

わぁ、今年初めてのブログだ。
ありゃりゃりゃりゃ・・・・

なにかと忙しい年明け・・・
を理由に、ようするにサボっていたわけなんですが・・
忙しかったのも事実。

昨日は、「成人の日」。
お子さんが成人式を迎えられた方も多いと思います。
おめでとうございます。

昔は、今日1月15日が「成人の日」
正月休み明けでなまった身体にうれしい新年初祝日でした・・・

鏡開きでぜんざいを食べ
コタツに入ってNHKの「青年の主張」のTVを観る・・
そんな日々が懐かしいです。

ラグビーの大学選手権なんかもあってたかと。

さて、昨年からヤマサキコーチのもとへ
修行に出ていた私のアンダーアーマー
一昨日、無事私の手元へ帰ってきました。

夜はフレンドシップリーグさんの30周年式典があったので
着ていこうかとも思ったのですが
監督が「それだけはやめて」と・・・・

式典はさすがに盛大で素晴らしいものでした。
フレンドシップの皆さん、おめでとうございます。
30年間コーチ、監督を続けていらしゃる方もおられ
歴史の重みを感じました。

同じテーブルだった三宅鷲さんと「メタボ談義」に華が咲き
「メタボは時代の先端だ!でも睡眠時無呼吸には注意しよう」と
いう結論に達しました。

比較的暖かな日々が続きます。

例の「mixi」のコミュのほうは、ただいま参加メンバー5人
私、湯婆婆と
中学生ソフト部の娘さんを持つお母さん
小学生女子チームの娘さんを持つお母さん
小学生男子3人のこどもさんを持つお母さん
という構成です。

こちらのほうもぼちぼちやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »