« いそがしいいそがしいと・・・ | トップページ | 雁ノ巣球場冬景色 »

さじ加減

料理というのは、難しいですな。
ただお湯で煮るだけの鍋にでも
「奉行」という人がいるくらいで・・・・

塩味が、足らない、足らないと思って足していったら
足しすぎたら取り返しつきませんね。
砂糖入れてもダメ(笑)

あと、焼くのも難しいですな。
上等の肉になると、最適の温度で、最適の焼き具合で
お客様の前にだす料理人の腕はたいしたもんです。
(冷えたらどんなステーキでも台無しですな)

さじ加減・・・
塩を入れるか、入れないか
入れるときは「これで過ぎたら取り返しがつかない」くらいの気持ちで臨むのが
プロってもんでしょうな。

子供のソフトの指導者は「プロ」じゃないけど(笑)
ただ、責任ある立場であることは確かです。

「これがうちの味だ」と自信を持っていえる
さじ加減・・・
難しいもんです。

さて、ブログ、WEBは、あるとうれしい
チームにとっての「隠し味」
ぜひ、来るオフ会では皆様より秘伝を
ご開帳ください!

|

« いそがしいいそがしいと・・・ | トップページ | 雁ノ巣球場冬景色 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

田舎出身で、農家の娘だった母の味に慣れてた私は、結婚後、妻の料理の味の薄さに閉口。
何度も揉めました(汗)
でも、頑固な妻は濃くはしてくれず、醤油ぶっかけが私の定番となりました。
しかし、味もみずに醤油をかけるようになり、それはそれで揉める元(爆)

この所、ずっと辛口続きでしたので、今日は甘口で。
「さじ加減」は、「使い分け」かな?とも思いました。

投稿: 銀パパ | 2008/12/05 12:37

(◎´∀`)ノ銀パパさんヽ(´▽`)/
さじ加減。たとえば10人前のスープに1人前の10倍入れても辛すぎる。マニュアルかできるようで、できない「職人技」ですよね。
たしかにおっしゃる通り「使い分け」も大切ですね・・・

投稿: じゅごん | 2008/12/05 17:42

そう考えると皆さんに会う楽しみが
また増えました。
下のポスターもなかなか傑作ですね。
もういいです、野郎ばっかりでも(ToT)
こうなったらじゅごんさんにお持ち帰りされても
構いません。当日は勝負パンツで臨みます。

投稿: ヤマサキコーチ | 2008/12/06 21:39

(◎´∀`)ノヤマサキコーチヽ(´▽`)/
いやいや、女性陣の参加も増えてきましたよ。

ヤマサキコーチの勝負パンツって『股の下のぽにょ』ってやつですか?

(あ~これで参加者減らないだろうなー?)

投稿: じゅごん | 2008/12/06 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さじ加減:

« いそがしいいそがしいと・・・ | トップページ | 雁ノ巣球場冬景色 »