« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

世界中のソフトバカに捧ぐ

まあ、今回のは、替え歌ちゅうか、ま~その~

ソフトバカ供に捧げる歌ということで
「誰」を「バカ」に変えて歌うだけです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全国、いや全世界で

困っているお母さん、お父さんにこの歌を捧げます・・・・

会社の机の前で泣かないでください
そこに私はいません
さぼってなんかいません
子供が風邪に
子供が風邪になって
残り少ない有給を
消化しています

春には花粉症にになって、鼻水がふりそそぐ
秋は発疹のようにアトピーがでてくる
朝は鬼になって 怒鳴って目覚めさせる
夜も鬼になって子供を寝かせる

私の机の前で呼ばないでください
そこに私はいません、さぼってなんかいません
子供が風邪に
子供が風邪になって
予定外の大きな治療費を
払っています。

子供が風邪に
子供が風邪になって
インフルエンザでなければ
いいと思っています。

あの小さなウィルスが
吹きわたっています。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

鍋は人生の縮図である

いや・・・なんか最近「ことわざ」「格言」をタイトルにするのが
流行ってるみたいなんで・・・

「銀魂」第百話のタイトルのパクリなんすけど(*´v゚*)ゞ

「銀魂」面白いね〜
「なんで平日の夕方のアニメ見てるんだ!?」っていう
突っ込みはなくて。
いや『ジャンプ』はさすがに読んでないっす・・・

で、鍋ですな。鍋。
人生そのものですよ。

決着がつかないときは
最後、雑炊という名のタイブレークで
ゲームセット

あ、こりゃ人生じゃないか。ソフトだ!

で先ほど、今度出るグルメ本の最終校正やってたんですが
もう何人も目を通しているはずなんですけど

ありました

「下の肥えた食通にも満足のいく・・・」

いや確かにうまいもんばっかり食ってたら下ふくれというか
下の方が肥ってくるでしょうが・・・

なんだかヒワイだし。。。

と修正しておきました。

あ〜。鍋食いてぇ・・・

おいしいもん食って、これがホントの

ありがとうございま舌!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストゲーム

書こうか・・・?本当に書く?

昨夜書こうと思ったんだけど、キャプテンのことを先に、と思って。

少年ソフトボールに関わったのは、今年成人式の長男が
小学校2年生のとき
もう13年前か・・・・

クラブの事務局、リーグの事務局
土日はソフト三昧

そんな中生まれたアキラ
周りはみんな「ソフトをするもん」だと
思ってた(笑)

でもお前は、子供ながらに抵抗したよな

まだ保育園の頃、練習に連れて行くと
トンボをかける私のジャージを
しっぽみたいに掴まえて、ついて回っていたっけ・・・・

「サッカーがやりたい。僕ソフトはせんけん」と
言っていたよな。
実際、リベルタのサッカー教室にも入ったし

3年生か4年生の頃かな
クリスマスのプレゼントが
ベッカムモデルのサッカーシューズとボールだったとき
お前本当にうれしそうだったな。

でも5年生になるとき、紺ユニフォームをもらって
お前は「サッカーをやめる。ソフト一本にする」と言った。

お父さんに似ず、運動神経が良いお前
よく言えば「ユーティリティプレイヤー」
悪く言えば「便利屋」

エースが故障したといえば
ピッチャーをし

ショートの子が「辞めます」といって来なくなれば
ショートをし

外野、内野言われたポジションはそれなりになんでもこなし
風邪ひとつひかず、最後まで頑張ったな。

最後の試合は「4番サード」だったな

そして最後の打席はセンター前ヒット

今お前は「中学に入ったら野球部に入ろうかな」と言ってる
本当かい?
もしそうなら、お父さんはとても嬉しいけどね。

アキラ
お前のおかげで、この6年間、本当に・・・

愉快だったよ

Akira081223

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雪へ雪ふる

雪へ雪ふるしずけさにをる(山頭火)

夜になって雪がしんしんと降り積もっています。
何年ぶりでしょう、千早でのこんな積雪は。

Simgp2577







朝の時点でグランドは真っ白で「今日ほんまにやるとかいな~?」と
出発だったんですがね。

6年生最後の試合「屋形原ライオンズ杯」

結果から書くと、2敗・・・有終の美、とはいかなかったけど
これで君たちの野球(ソフトにせよ他のスポーツにせよ)
終わりじゃない。ひとつの節目。
最後に強い相手とやれて、よかったじゃないか!

Simgp2580







最後の大会で、選手宣誓・・・・
立派な宣誓だった。
13期生(前年度優勝)からの贈り物

君は全部自分で考えて、お母さんが「原稿をみせて」と言っても
決してみせなかったそうだね。

キャプテンけんいちろう。
4年生のとき千早西へ引っ越してきて
間もなく西クラブへ
みんなと比べて、最初はけっして上手とは言えなかった。

ただ、君のひたむきさ
謙虚な人柄
そしてソフトに打ち込む姿勢は
周りのみんなにとてもいい刺激を与えたと思う。

夜、うちにも自主練に誘いに来てくれて
うちのアキラがさぼった日も、君は街灯の下でもくもくとバットを振ってたっけ・・・

4年生の秋の、宇美連盟第一回4年生以下大会
美野島のピッチャーから放ったホームラン
今でも昨日のことのように思い出すぜ。

このチームの6年生はいろいろあったよな
途中で来なくなって、それでも戻ってきたやつ3人

5年生も終わりになって入ってきたやつ3人

エースの故障、リーグ開幕節での苦戦と敗戦

そんな中、みんなを口先だけでなく、もくもくとした姿勢で引っ張り
県大会出場、クラブ初の西日本大会出場
リーグ7連覇、オープン大会2度の優勝
を勝ち取った。

 

そんな君の努力と人柄がにじみ出た、実によい選手宣誓だった。

今日は、膝を故障し、本来なら第三試合だったから
開会式のあと、君は整骨院へ治療へ行き、そのあと試合に出るはずだった。

でも雪の影響で、試合が繰り上がり、君は一言「大丈夫です」といって
マスクをかぶった。

覚えていて欲しい。スポーツをする仲間は、ほとんど全ての選手が
そんな状態でも頑張っているんだ。
そしてそれを言い訳にはしない。
それが「アスリートの誇り」だ!

そして君はその誇りを持っていた。

最後の試合の最後の打席
お父さんがなにか声をかけていたな?

君のお父さんもまた寡黙な人だが、試合のときは誰よりも熱かった。

ちょっと天然の(失礼!)お母さんは、一服の清涼剤のような存在。
いいコンビだよね。

最高の結果!とはいえなかったけれど
でも、最後、こんなに寒くて風邪やインフルエンザが流行っているのに
1年生から6年生まで、君についてきた仲間は全員元気に
雁ノ巣に集合したぜ!

それこそが、なによりの思いでだよ。

Simgp2587







Simgp2591









この6年間いつも言ってきた。
人生は連戦連勝じゃあない
負けたあと、どうするかで人の真価が問われる

西クラブの合言葉だ、キャプテンと9人の6年生に贈る

「うつむくな、前を見ろ、一歩を踏み出せ!」

Simgp2592








雪の中、後輩達の歩みがはじまった
君たちを目標に

Simgp2595











ありがとう!第14代キャプテン、憲一朗!

Kenichiro

| | コメント (5) | トラックバック (0)

春はセンバツから!

選抜の出場校が決まりましたね!
九州からは
清峰(長崎)
明豊(大分)
神村学園(鹿児島)
興南(沖縄)
の4校に加え、21世紀枠で
大分上野丘(大分)

上野丘は、鉄腕・故稲生和久さんの母校ですね。
OBの方は盛り上がっていることでしょう。

どの学校も、がんばれえ!


と最初書いていて、訂正
稲生→稲尾 出身校は「別府緑が丘」だぁ!
失礼・・・・

大分上野丘は大分市内の高校ですな。
勘違いです!ごめん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格発表

それでは解答発表です。ぱふぱふ〜<パクリやん・・]

設問1:(1)これはやはり、道具の手入れが大切ということで(グラブメンテナンス用皮革)クリームですね

(2):ミル姉さん
2



(3):a ん

設問2:プリンセスプリンセスは♪ダイモンドだね〜 ああ〜♪

ダイヤといえば、やはり「時刻表」でしょう。

設問3:唄:岩崎良美

さあ、君は偏差値どうだったかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あったらいやだシリーズその1

今日は解答速報が出ると思ったでしょう?
もう少しひっぱります・・・

あったらいやだシリーズ(その1)
~ソフトボールにおける勝負審判制度~

大会のたびに、公式審判の方にはご苦労をかけ
たいへんありがたく思っております。

ただ、審判の方にはご高齢の方もお見受けされ
炎天下、また寒風の中、長時間の審判は体力的にも
大変なのではと。

そこでこういう制度を考えてみました。

ソフト勝負審判

◎相撲における勝負審判と同じ役割をする。資格は審判暦10年以上のOB

◎主審の後ろ、一塁、三塁後方、バックスクリーン前に
 座って試合を見る(服装は紋付袴)

◎行司(じゃない、審判)の判定に疑義があるときは「物言い」をつけることができる。

◎「物言い」がつくと、勝負審判はマウンドに集まり、判定について協議をする(その際、控え室からビデオの模様をワイヤレスマイクをつかって、イヤホンをしている審判長に伝える)

◎協議の結果を場内にマイクで報告する

「ただいまのセーフティバントについて、一塁塁審はアウトとジャッジしましたが、一塁勝負審判からランナーの足が速かったのではないかと指摘があり、協議しましたところ、同体とみなして仕切りなおしといたします!」

めんどクセぇ~・・・・

みなさんやはり審判のジャッジは絶対です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験

全国共通ソフトボーラーセンター試験

設問1:次の(    )内にあてはまる言葉を選びなさい

<1>ソフトボールがうまくなろうと思うなら、おやつは(     )クリーム。
a リップ  b ソフト c コールド d ヘア

<2>ソフトボールにおけるピッチャーの投法のひとつにウィンド(      )がある。
a ウズ95  b ウズXP c ウズVista d ミル

<3>ヤマサキち(    )こ
a ん  b ず  c ャイニーズエキスプレス d ー

設問2:ソフトボール(小学生)の塁間をXとしたとき、Xを一辺とするダイヤモンドの面積を求めなさい。

a 280.8976平方メートル b 1リットル c 5カラット d プリンセスプリンセス

設問3:ノーアウトまたワンアウトで塁上にいるランナーが、フライが捕球されたあと進塁することをタッチ(      )という

a あは~ん  b ばか~ん c アップ d 原作・あだち充

解答は後日・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビターテイスト

土曜会オープントーナメント
KK杯

初戦は清道クラブさん
この前の讀賣ではこてんぱんにやられている。

ピンチを凌ぎ、タイブレークワンチャンスを生かし勝利

正直この峠は険しかった。

一難さってまた一難
新町ファイターズさん

代走ショウピーの、一瞬の隙を逃さない好走塁で先制
シノケンの2ランも出て3-0勝利

この峠も厳しかったです。

さらにそびえる高い峰、那珂南さん
最終回、2アウトからユウゴの2ベース
ここで代打ダイスケ

右中間を破り決勝点!

迎えた準決勝
9番バッターにフォアボール
エラーをはさんで、1-0で負け(完全試合)
野芥ファイブ、櫻井監督、今季でご勇退だそうで・・・
東連盟新人戦の借りは返せず。

モチベーションが難しい3位決定戦。
試合前に6年生に喝!
「気持ちを出せ!」

最後はベンチも全員出場、3-0で勝利。
アキラ先制タイムリー、ユウイチ追加打点。

3位の銅メダルは、いつも少しほろ苦いものですが
この3位は、苦さの中にも味わい深く・・・・

いよいよ残すは1大会となりました。

冬の盛りの中、風もなく穏やかな雁ノ巣でした。

(はやピーママと初対面、はやピーギガかわゆす!)

Simgp2574

Simgp2573

Simgp2575

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空気を吸うことが、風邪を呼びウィルスを引き寄せる

ほなら息するな・・・といってもそれは無理なわけで

昨夜「げほげほ」言いながら
ホームページの方の「練習日誌」更新しました。

なんとなく忙しくてさぼっていたのですが
保育園時代からお知り合いのりっきいパパに
「練習日誌はきちんと更新してください」と
年末言われていたので
正月休みに更新しようと思っていたのですが
体調不良で・・・・

この「練習日誌」も2001年12月にはじめ
あしかけ8年目に突入しました。

最近では、なるべく冷静に
その日、その週あったことを
簡潔に記すよう心がけているのですが
あとから読み返すと「あーこの頃はああやったねー」と
懐かしく思い出されます。

少々脱線気味のブログに比べ
この「練習日誌」のほうが、身内には重要なようですね。

がんばって、さぼらず、続けようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やったね!

ついに念願がかなった・・・
FC2ブログランキング>スポーツ>野球ランキング
1位「~ダッグアウト~」
2位「徒然なる追っかけ」
3位「はやピーママの晴れたり曇ったり」
表彰台独占だ・・・

http://blogranking.fc2.com/rank/350100_1.html

800余りあるブログの中での1~3位独占。
これを快挙と言わずして、なんと言おう?

帰りのバスの中で気づき、らっこさんに「知っとう~?」とメールしたら
「朝からそうよ」と教えてくれた。
(そうだったのか・・・はよ教えんね!)

2009年1月14日
この日は福岡少年ソフト史上に記される一日として
永く記憶されることであろう・・・

ヤマサキコーチ、か~ちゃんさん、はやピーママさん
おめでとう!

そして、仕事中も、
育児と家事の間も、
お休み前のひと時、
朝起きて一服して、
昼飯食いつつ、
熱にうなされながら、
トイレを我慢しながら、
「ぽちっと」した読者の皆さんにとっても、
これは「努力が報われた」と思えるニュースではないだろうか?

んで「悩める新米監督」さんの5位というのが
非常に微妙なんですけど(笑)
迷いを捨てればいつの日か天下を取る日も遠くないでしょう・・・

近々お祝いをしなくてはならん・・・と、思う次第であります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

寒い・・・

ここは本当に九州なのか?
寒い・・・

本来南の暖かい海で「のたくりのたくり」と暮らすじゅごんにとって
この寒さは苦手・・・
冬眠したい・・・眠い・・・

寝るな!死ぬぞ!ビシバシ!

はっ!Σ( ̄ロ ̄lll)

不調である。
それというのも、先日
育成会ソフトの子との合同練習

体験入部的な意味合いもあったので
「今日は、お上品にいきましょう」ということで
仮面をかぶったからである。

「おりゃ〜、手前ら、何しとるんじゃ〜!」というところを
「君たちなにをしてるんだい?」

「とっととせんか!このボケ!」というところを
「早くしましょうね、諸君・・・」

と万事この調子で、お上品言葉をコーチ一同使ったものだから
雪と雨に降られ
さらに「ジャンパーが濡れとる〜」という子のために
私のベースボールジャンパーを貸してあげたりしたものだから
もう、月曜くらいから体調がおかしくて・・・


「風邪?風邪なの?いえ・・・これはきっと風邪ではなくてよ・・・気のせいよ」
とか自分に嘘をつきつつ
この寒さに耐えています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

しゃむかった~!

雪は降る、雨も降る(笑)
育成会ソフトとの合同練習
活気溢れていました。

育成会の子供の印象
「監督怖くないやん~」

(笑)

しーーーーっつ!

Keep you on Rock'nRoll !

Let's play softball !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30周年おめでとうございます

今日は寒かったですねー

練習が終わったあと、上白水ジュニアライオンズさんの
30周年記念式典に出席しました。

30年、すごいですね!
私が18のときからですから・・・
私の30年の歩みと比べて、その歩みの素晴らしいこと。

噂の「簀子の監督」のマジック、お見事でした。

090110_195401001







見とれるJライオンズのこどもたち・・・

ちんどん屋のアダチさんとは、昔面識があったので
ご挨拶させていただきました。

山本監督はじめ、関係者の皆様、おめでとうございました!
090110_202901















勝楽寺の加藤さんが、この前練習試合のとき
俺がボールをぶつけたのを知っていました。
なんで?(笑)。「子供がぶつけたよ~」と言ってたのに。

料理がなかなかよく、食いしん坊じゅごんとしては満足でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生9勝6敗

というわけで(どういう訳なんだか?)
年末年始は基本的に寝ておりました。
ゆっくり昼間から寝ていても、文句をいわれないのが
正月というやつでして・・・
(年末は事情が違いますが)

で、ごろごろしながら、本を読んでおりました。
ちくま日本文学の『色川武大』(文庫)と
文藝別冊『色川武大VS阿佐田哲也』を
年末買いこんでおりました。

阿佐田哲也名での『麻雀放浪記』・・・傑作ですよね。
大学に入って、ご同慶の至り
はまりました・・・
学校に行って、4人面子が揃うと
校門前の雀荘に移動
「第二教養部」なんてふざけた名前の雀荘も
ありましたっけ・・・

夜は誰かの下宿でポン、チー、カン
徹マン明けで、寝ている間に講義も終わり
夕暮れからまたぞろジャラジャラてな具合で・・・
もちろんすんなり進級できるわけもなく
それでも、教室では教えてくれない
いろんなことを勉強できたと思います。

阿佐田哲也、本名色川武大さんは
私が高校生のとき『離婚』で直木賞をとりまして
その後毎日新聞で「うらおもて人生録」というのを
たしか日曜日ごとに連載しておりました。

その中で印象的だったのは
「人生は9勝6敗がベスト
 8勝7敗ではちょっと寂しい
 15戦全勝というわけにはいかない
 勝ち続けると必ずその反動が来る」
という、いわゆる「9勝6敗理論」ですな。

直木賞をとったのが(1978年)49歳のときですから
私今年年男ですので、一歳上のときかぁ・・・
と思うと、おおおぉ・・・とか考えてしまいます。

晩年は「7勝8敗でもいい」という境地に達していたようですが
人生勝負の連続
その中で「トータルで勝ち越すスタイル」の確立こそが
プロの証であるという「信念」を
改めて噛み締めさせていただきました。

今季の西クラブが、ちょうど「9勝6敗」より
ちょびっといいペースです。

「勝つときもあれば負けるときもある」
「勝たねばならないが、勝ち続けることはできない」
「運気の波をつかめ。ついてないときにいかに凌ぐか」

こういうことをソフトを通じて学んでくれれば
それに越したことはないと思いますね。

しかし、最近の若い方は、ネットやゲームは別として
4人で卓を囲むことはとんとないようですな~
ちょっと寂しい気もします。

お誘い・・・?点5くらいの低いレートでよければ
お声掛けください(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

遊ぼう~

明日で冬休みも終わり
夏休みに比べ「あっという間」感はあるものの
クリスマスあり、お正月ありで
子供たちにとっては充実した2週間だったのでは・・・?

ところで、最近耳にすることがめったになくなったが
冬休みといわず、昔は学校が終わると
友達の家にいき
「○○ちゃん、あーそーぼぉー!」と呼びかけ
中から「はーぁーい~」と返事があって
また別の友達のところへ誘いにいき
なにやら、原っぱや路地裏で遊んでいたのを思い出す。

昭和40年代まではこれがスタンダードだったと思う。

しかし最近では、電話がかかってきて
「遊べる?」とまず聞いたりすることが多くなっているようだ。

オートロックのマンションのインターホンの前で
友達の家を呼んでも応答がなく、途方に暮れている子供というのも
まま目にする。

「あーそーぼー」
「はーあーいー」

少年ソフトの世界も、基本その範疇になければならないのではないか
などと、ふと思う松の内。
明日は七草粥?
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ春の七草

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラストラのあとの悲しい休日

12月28日
今日で練習も終わり
グランドを清掃し、夜、保護者コーチで打ち上げ

一次会が終わり、なんとなく不調で失礼する
風呂にはいり、パジャマに着替え
布団で寝ていると・・・・

12:00過ぎ、がらがら~
私「おや、ママ帰還かな?」
ママ「おらおら、なにねとるんじゃー!
 うちで三次会じゃー」

私「ひぇ~!」

その後2時過ぎまで3時会
母達盛り上がる
私は先に就寝・・・・これがその後の悲劇の幕開けだったとは・・・

とは、とは、とは・・・・

12月29日
いよいよソフトも終わり、今日から休暇本番
まずは家の大掃除・・・ソフトの書類を整理し・・・

あれ・・・あれ・・・あれ_?
悪寒が・・・・

気分が悪くなり、布団へ・・・・

「えーーー!風邪?この時季に?なんで!!!!」
(#`皿´)というママの文句を耳に
「とにかく安静だ・・・悪化させてはならない・・・」
風呂にもはいらず、ひたすら寝る

12月30日
朝、布団からなかなか起きれず
熱をはかる。38度9分

妻の怒声、嘲り、冷笑・・・・
あらゆる蔑みを一身に浴びつつ
うなされながら寝る・・・・

私のスエットシャツとジャージが
捨てられた模様・・・・

午後から布団より這い出し
死ぬ思いで掃除をする

12月31日
身体が重い・・・しかし「気のせい気のせい」と思い
起き出し車を洗う
ソフトの荷物車としてボロボロとなった車の掃除に
半日を費やす

依然として体がきつく
紅白も見ず就寝

初夢?なのか
東若久のHコーチと飲んでいる幻影に
うなされる

元旦

新年があけた
年賀状を眺めつつ
結局1通もかけなかった現実に暗然

お屠蘇だけのみ
少し酔い

ブログになんか書いて
寝て過ごす

(大志どころじゃねーよ)

「なにごとも
 する気はなくて
 寝正月」

2日
母が高齢のため、親族集まっての正月は負担のため
温泉旅行で正月のお祝い
菊池温泉
ここで風邪を治そうと、ひたすら風呂に入る
ビール、熱燗、お湯割り・・・・
病み上がりと湯疲れで、ぐでぐでに酔う
知らぬ間に就寝

と、思っていたが、この間
携帯でよそ様のブログに、いたらぬ書き込みをしているのを
翌朝発見・・・・
我が心のあさましさを知る・・・・
コメント返しに正月早々難儀された皆さん
(=携帯でブックマークしているブログの皆さん)
ほんとふに、すいません・・・

3日、阿蘇大観峰に寄り道して帰る
雨のち晴れ
40年前は、いまごろはお年玉でウハウハだったのに・・・
財布には1000円しかない・・・
風邪で喉が痛いので、タバコを倹約する
湯疲れで、早々に就寝

4日
朝集合、名島神社へチームで初詣へ
神主さんがまだ寝ていて、待たされる
その後南区、曰佐小へ
途中、井尻駅にて、高木スネークスさんらしき集団を目撃。

人見知りの銀パパさん
声小さく年賀の挨拶をかわし
新年のアトラクションで、キャプテン特賞をひきあてる。
でかした。

弥永さんとの2年越しの決着をつけるために
念力で全精力を使うが
またしても決着つかず
わかとあきら似の(失礼!)監督と
「ではまた~」と言葉を交わす

空き試合で審判(サード塁審)していたとき
前の日玉せせりと飲み会でグロッキーの
S楽寺、加藤さんが死んでいたので
ボールをぶつけると
動いて「・・・・・眠てぇ~・・・」とまた眠る
生きていてよかった。

5年生チームは東若久さんにちゃかぽこにやられる
東若久のHコーチが悪い風邪を引いているらしいので
「なるべく東若久の人たちとと接触しないように」という指示に
選手が忠実に従い
打たれたボールには触らない
投げられたボールには当てないという結果。
Hコーチから「なぜオフ会に呼んでくれなかったんですか?!」という
愚痴をきかされる。
次回は幹事を任せよう・・・
元旦のあの「初夢」は、ウィルスつながりだったのか?
Hコーチお大事に。あれだけ声が出てたら、風邪大丈夫なんじゃ?

曰佐さんとおまけの1試合
ありがとうございました。

こうして、あれほど死ぬ思いで働いて迎えた
年末年始休暇も終わった
また明日から、酒とソフト(と少し仕事)の日々がはじまる。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

ビー アンビシャス!

新年あけまして
おめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします!

いっぱいいっぱい「ありがとう」の気持ちを込めて
さて、正月らしい「うんちく」を一発。
(なにせ昨年が「ぐでぐで」で終えてしまったので(笑))

Boys be ambitious!
「少年よ、大志を抱け!」

これは有名な、札幌農学校のクラーク博士が、日本を去るときに学生達にのこした言葉です。

ambitious は 辞書をひくと「大志」のほかに「野心」「野望」という意味もあって、ちょっとこの言葉だけだと”ぎとぎと”した意味合いにもとれますが・・・

しかし、これに続く原文を読むと、そうではないことがわかります。
原文は次のように続きます。

Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement,
not for that evanescent thing which men call fame…
Be ambitious for the attainment of all
that a man ought to be.

「金銭や自分自身の増強、
あるいは人々が名声と呼ぶ儚いものではなく、
人としてなすべきもの達成のために
大志をいだけ」

「人としてなすべきもの」
この理想を、我々大人も忘れてはいけないでしょう。

今年も一年がんばっていきましょう!

やっぱ、私の大志といえば、ほしのあきちゃんと・・・(もうええっちゅうねん!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »