« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ほめられサロン

とりあえず「褒めて育つ!」

http://kakula.jp/homeSalon/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大津守杯申し込み状況

先日「第6回大津守杯」のご案内を送らせていただきました。
早速多くのチームから出場申し込みいただき、感謝しております。
以下、受付チームのリストです。
漏れはありませんでしょうか?
招待44チームの予定ですので、残り4チームです。

(鹿児島)
米ノ津バッファローズ
桜ヶ丘東ソフトボールスポーツ少年団

(大牟田)
中友ソフトボールスポーツ少年団

(福岡・五十音順)
阿恵ホークス
赤坂ニューファイターズ
愛宕浜ベアーズ
板付北クラブ
曰佐クラブ
香椎公団クラブ
香椎下原クラブ
香椎東ハリケーンズ
上白水ジュニアライオンズ
亀山ファイターズ
小倉第一ジュニアホークス
小倉第二
下白水ソフトボールクラブ
下山門サンダーズ
下山門ソフトボールクラブ
ジュニアフォックス
勝楽寺子供育成会
新宮イーグルス
清道クラブ
TV赤坂
那珂イーグルス
那珂南クラブ
野間ファイターズ
八田リトルペガサス
原田ビッグボーイズ
東月隈コンドルス
東若久ファイターズ
福岡西シューティングスターズ
フェニックスクラブ
福浜ジュニアソフトボールクラブ
美野島クラブ
美和台コンドルス
三宅イーグルス
明治バイソン
メッツ(宇美)
吉塚クリッパーズ
若葉台ブルーサンダース

以上

先週後半、受付ファックスがリボン切れでした。
お申し込み済みで上記の名簿に記載されていないチームがございましたら、ご案内の事務局までご連絡ください。

※4月27日、レッドファイヤーズさんにお申し込みいただきました。

残り枠は3チームです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チーム一丸

女子ソフトボールの日本代表選考をめぐり
ちょっと混乱が起きているようですね。

北京で金メダルをとった選手のうち
上野選手らは、代表を辞退していたのですが
結局選出されたとか・・・
上野さんは、指導者資格取得の問題などもあり
日本リーグに今季は専念する方針だったようなのですが
しこりを残さず、うまく解決して欲しいものです。

さて、上野さんについてこんなエピソードを発見しました。
昨年の12月、ラジオのチャリティー・ミュージックソンに出演した
上野さん
WBCの一次代表(当時)に選ばれた岩村選手に対して
こんなアドバイスをしたんだそうです。

「個々の集まりですけど、チームの一人一人がどれだけ相手を思いやる気持ちを持ってプレーできるかが大切だと思います」

モトネタはこちら

今回のサムライジャパンが、苦難を乗り越え頂に到達したのは
やはり個々の選手の頑張りとともに、チームワークの勝利であると言えると
思います。

それはWBC後のイチロー選手のインタビューからも伺えます。
はやピーママさんのブログにインタビューが貼られてますので、まだの方はご覧ください)

野武士軍団「西鉄ライオンズ」を率いた名将・三原監督の言葉に
「アマチュアは和して勝ち、プロは勝って和す」というものが残っています。
なかなか深い言葉です。
単に仲良しということではなく、思い、目的をひとつにした「和」をいかに生み出すか?

もうひとつご紹介したいエピソードがあります。
先日4月15日は「ジャッキー・ロビンソンディ」でした。
それまで有色人種を排除していたアメリカメジャーリーグに
アフリカ系アメリカ人選手として初めて(正確には初めてではないんですが、実質初めて)参加し
大きな足跡を残したジャッキー・ロビンソン
彼の功績をたたえ、全球団で永久欠番となっている「42」をつけ
イチローら多くの選手がプレーしました。

ロビンソンは、人種差別には即座に抗議しました。
しかし、常に紳士的に対応し、同レベルでやり返すことは
しなかったそうです。

初代新人王、首位打者、MVP、ワールドシリーズ制覇、オールスター出場
輝かしい実績で後に続く非白人選手の先鞭をつけました。

しかし、登録当時は対戦相手や観客の反発はすさまじいものがあったそうです。
心ないヤジや非難・・・

そんな時彼を支えたのが、チームメイトであり
当時ドジャーズのキャプテンでもあった
ピー・ウィリー・リース

彼は、ロビンソンの入団に反対する選手による署名へのサインを拒否し
球場で非難の嵐を受けるロビンソンの肩をだき、その姿をファンに見せたそうです。

二塁手のロビンソンと鉄壁の二遊間を組み
ブルックリン・ドジャーズの黄金時代を築きます。

彼の背番号「1」は、「42」とともにドジャーズの永久欠番となっています。

(これらのエピソードについてはこちらのブログに詳しいです)

チームワーク
チームプレイ
そして真の友情・・・・

ソフトボールを通じて、子どもたちも、そして我々大人も、学んでいきたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

野球・・・・するなら

昨夜帰宅すると
自然教室から帰ってきたアキラの様子、
なんだか元気がない。

「面白かったか〜?」と聞いても
「疲れるばっか・・・」と素っ気ない。

妻が耳打ち「ちょっと、いろいろあったみたいで・・・」

「何があったん?」と聞いて
妻が「お父さんに話しておきなさい」と促したところ
ぼそぼそと

「野球拳で・・・・」
と一言

「ん。野球拳?先生にみつかったんか?」
「うん」
「ふーーん。ははは」

まあ、盛り上がって野球拳をしたのかーくらいに思ってたんですが。

アキラが自分の部屋にあがっていった後
妻がいうには、担任の先生から電話がかかってきたらしい。

それによると、一歩間違えば「いじめ」につながるということで
参加者、かなりお灸をすえられたらしい。
先生も涙を流して指導したとか・・・・

私は「バカやって騒いだので怒られた」くらいにしか思ってなかったので
改めて「ふぅ〜ん・・・」

確かにそういう面もあるだろう。
最近の中学校の先生というのも
いろいろと大変なことだと思った。

ちょっと思い出深い?中学校生活のスタートとなりましたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自力V消える

昨日のリーグ第二節
前節で大敗している愛好さんに
またしても完敗

3回戦総当たりのうちのリーグで
すでに2敗・・・
自力優勝がとりあえずは消えました。

春先早々ですが、対戦スケジュール上、そうなってしまったんですね。

あとは香椎ウィングスさん、利翔さんにがんばってもらい
「愛好包囲網」をひいてもらうしかない・・・

スコア、内容などはHPの
「千早ジュニアリーグ」のページ
および練習日誌をご参照ください。

まあ悪いことばかりではなく、良いこともあって
新入部員が5人・・・
外野陣のレギュラー争いが熾烈になってきました。
足を故障しているトモの復帰待ちですが
3つのポジションを、現レギュラーを加え5人で
あらそう形になるかな?
ちょっと目の色が変わってきた?感じに映りました。

こういう形でチーム内の競争による底上げは
絶対必要だし、うまく競わせないといけない。
一方で、やる気をなくす子が出てもいけない。

ぎりぎりの人数でやってたときとはまた違う
「贅沢な悩み」です。

2年生、3年生は、まだまだ手がかかりそうです。
イロハから教えないといけません。
皆さんご経験があると思いますが
いちばん難しいところです。

お父さん方の協力も仰ぎながら
こちらは、あせらず、じっくりとやっていきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ気を引き締めろ!

先月17日のご卒業以来
毎日のほほーーん、と暮らしてきた
我が家のアキラくん。

8日の入学式以降も
なんか学力テストはあったようだが
給食が始まったのも昨日のこと
まだ本格的な授業は行われず
昨日は「自然教室」の説明会・・・

んで、明日が代休で
金曜日〜月曜日が自然教室(@篠栗)

西クラブの練習の手伝いにくるわけでもなく
友達と我が家にたむろして
ゲーム三昧・・・

完全に「春ぼけ」です。
はやく部活始まって、鍛えてくれんかいな。

<一中野球部情報です>
18日(土)、一中にて「サマーカップ大会」が
開催されます。
一中は、9時からと13時からの試合に出場だそうです。
西クラブOBも多数在籍しておりますので
お時間がある方は、ひやかしに行ってみては?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

待望!

花は名残、春まっただなか
すでに新緑に初夏のにおいが?

新学期も始まった今週
待望の新入部員が、しかも4人も
6年生、4年生、3年生、2年生
(ごめん。まだ名前覚えていませんm(--)m)

なんにせよ、めでたい!
あと、かなり入部に前向きな体験入部2人!
待ってるよ!
アイ ラブ ユー!
アイ ニード ユー!
アイ ウオンチュー!

理想を言えば1学年5人ずつ
5×5=25人+1年生で
レギュラー
ホープス
ネクストの10人ずつで練習ができれば
嬉しいです!

ところで・・・・
「戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る」という言葉を
ご存知でしょうか?

兵站(へいたん)とは、前線を維持するための補給、後方支援を指します。
負傷兵の回復のための病院などもこれにあたります。

けが人が、ゆっくりと治療でき
欠員を、速やかに補充でき
前線を、常に維持できること。

戦術、戦略以上に、この「大戦略=兵站」は戦いの帰趨を決する
重要なポイントとなります。

この兵站を担うのが、主にお母さんたち
お母さんたちの結束、パワーこそが
新たなパワーとエネルギーの源となります

選手(子供)
指導者(お父さんを含む)
そしてお母さんたち

この三つの輪がそれぞれに結束し
固い絆で結ばれてこそ
チームはうまく回転していきます。

花散ったあとには実がなり
その実が新たな若木となります。

そのためには、私たちが
豊かな土壌であり
常に明るい太陽であり
ときには爽やかな風となり
ときには浸み入る雨露でなければ
なりません。

「士別れて三日会わざれば刮目して見よ!」

進化する西クラブでありましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サステナビリティ

最近、環境問題や経済問題で
「サステナビリティ」(sustainability)という言葉を
見たり聞いたりする機会が多いです。

「持続可能性」ということで
「持続可能な開発」なんて使い方をされます。

クラブチームにとっても、「持続可能性」は大事なことです
最近つくづく痛感しています。

「中庸」ということが大切でしょう。

ただ、留意しないといけないのは
日本では「中庸」ということを
「ほどほど」という意味に使うことがもっぱらですよね。

「中庸」を辞書でひくと、過大と過小を排し、その中間であることと同時に
「正しい中間=徳」を見いだすことが重要であると。
極端はいけないが、単に中程をとっていれば良いというものでもなさそうです。

適当なところ?

「適当」という言葉には、いい意味と悪い意味があります。
「ほどよい」というプラスの使われ方と、「いいかげん」という使われ方
「いいかげん」という言葉も、元は「好い加減」でしょうから
「ちょうどいいところ」を見つけることは、「ずぼら」「あてずっぽう」「行き当たりばったり」
と紙一重、裏表のところにあるということを肝に銘じなければなりません。

どこに中庸を見いだすか、「バランスがとれた」というふうに
言い換えることができるかもしれません。
なかなか「これだ!」と決まった答えはないように思います。
環境や状況、そして関わっているひとりひとりの心と肉体の具合によって
それは移り変わるものでしょうから。

諸行無常・・・・ちーん!

このブログも「持続可能」であるよう心がけます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご入学おめでとうございます

本日は小学校の入学式。

昨日は中学校の入学式でした。

新入生の皆さん、おめでとうございます!

ぴっかぴかの一年生の入部を、心待ちにしていまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国制覇

選抜で、清峰が優勝したのは記憶に新しいですが

高校野球(硬式)に限らず、いろんなスポーツで「選抜」があってます。
春高バレーが有名ですが
男子は都城工(宮崎)が優勝、東福岡が準優勝
女子は東九州龍谷(大分・中津市)が優勝と
九州勢大活躍。

ラグビーは、今日決勝が行われ、東福岡が優勝しました!祝!

そしてソフトボール
高校選抜男子で、福岡の九産大九州が優勝してますな!祝!
女子は神奈川の厚木商業

小学生男子は、北九州の日明さんが3位に
優勝した庭代台サニーズ(大阪)に準決勝でタイブレーク0−1
他は無失点ですから、えらいいいピッチャーなんでしょうね!
横須賀にも勝ってるし・・・

高校野球で軟式のほうは選抜はないみたいですが
女子野球がやってます!
プロ選手も出て、盛り上がる?女子野球。
6チームが参加
優勝は埼玉の花咲徳栄
神村学園(鹿児島)は、準決勝で花咲に1−0で負けたようですね・・・

すでに「夏」に向けた戦いが、小学生の場合始まってるわけなんですが
こうしたマイナー野球系の結果に、もっとスポットあたっていいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年下監督

今日はソフトバンクの秋山監督の誕生日ですな。
1962年4月6日
私より一学年下です。
貫禄はもちろんあちらのほうが数十倍上ですが・・・・

開幕戦見にいきましたが、まずまずのスタートをきれて
ホッとしています。
昨夜はご家族と一日早い誕生日祝いをされたんでしょうか?

選抜を制した清峰高校の吉田監督なんて39才ですからね。

昔のまんまの感覚で錯覚してしまいますが
いまや「自分より年下の選手」どころか、監督ですら多くが年下です。
「自分の子供よりも年下の選手たち」ですから当然なんですけど・・・

吉田監督は、高校サッカーの重鎮、長崎国見高校の小嶺さんから「監督学」についてご指導いただいたとのこと。「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は打たれない」と言われたとか。

閑話休題
この土日、練習試合を見ていましたが、
フォアボール、デッドボール、ワイルドピッチ、パスボール、エラー・・・
弱いチームが点をとられる典型的なパターンの繰り返しです。

まだそれだけ「完成度が低い」ということなので、ここを鍛えれば
のびしろはあると思います。
ある日突然うまくなる、ということはないと思いますが
子供の成長は思いの外早いモノ・・・
焦らず、しかし急いで「普通のプレーが普通にできる」レベルに
到達したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お詫び

昨日はエイプリルフールねたにて失礼いたしました。

まあ、たまにはチェンジアップも・・・・

ところで、清峰高校、優勝しましたね!
佐賀北、沖縄尚学、そして清峰と、ここのところ
九州勢の活躍が目に付きます。

福岡県も、がんばれ!

それと、最近の高校野球は
スライダーが全盛ですね。
松坂の高速スライダー以降かな?

覚えるのが比較的容易で、肘への負担も少ない
そうなんですが、経験ないのでわかりません。
経験者の方、どないですのん?

昔は、直球とカーブ、あるいはドロップ、シュート
そんなもんだったと思いますが〜

カットボールとか、ムービングファストボールとか、スプリットフィンガーとか
なんかだんだんカクテルの名前みたいになってきましたな。
スクリューボールとか、実際ありそう・・・

まあ、どーんとストレートで一杯、いきましょか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出版のお知らせ

仕事やソフトの合間をぬって書きためてきた
ノンフィクション風小説
「きまぐれソフトの女神さま」
が、単行本として、いよいよ出版されます。

ペンネームの「清田大有」は、清原と桑田、松坂とダルビッシュからそれぞれ一字もらったという安易なものですが・・・(笑)

もちろん実名ではないですが、みなさんもモデルとして物語のなかに登場しますので、楽しみにしておいてください。ていうか、勝手に書いてごめんなさい(笑)

今月下旬には書店にならぶと思います。
詳しくはまた!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »