« ご入学おめでとうございます | トップページ | 待望! »

サステナビリティ

最近、環境問題や経済問題で
「サステナビリティ」(sustainability)という言葉を
見たり聞いたりする機会が多いです。

「持続可能性」ということで
「持続可能な開発」なんて使い方をされます。

クラブチームにとっても、「持続可能性」は大事なことです
最近つくづく痛感しています。

「中庸」ということが大切でしょう。

ただ、留意しないといけないのは
日本では「中庸」ということを
「ほどほど」という意味に使うことがもっぱらですよね。

「中庸」を辞書でひくと、過大と過小を排し、その中間であることと同時に
「正しい中間=徳」を見いだすことが重要であると。
極端はいけないが、単に中程をとっていれば良いというものでもなさそうです。

適当なところ?

「適当」という言葉には、いい意味と悪い意味があります。
「ほどよい」というプラスの使われ方と、「いいかげん」という使われ方
「いいかげん」という言葉も、元は「好い加減」でしょうから
「ちょうどいいところ」を見つけることは、「ずぼら」「あてずっぽう」「行き当たりばったり」
と紙一重、裏表のところにあるということを肝に銘じなければなりません。

どこに中庸を見いだすか、「バランスがとれた」というふうに
言い換えることができるかもしれません。
なかなか「これだ!」と決まった答えはないように思います。
環境や状況、そして関わっているひとりひとりの心と肉体の具合によって
それは移り変わるものでしょうから。

諸行無常・・・・ちーん!

このブログも「持続可能」であるよう心がけます(笑)

|

« ご入学おめでとうございます | トップページ | 待望! »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サステナビリティ:

« ご入学おめでとうございます | トップページ | 待望! »