« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

選ばなければならないこと

以下飲用・・・ちがう・・引用
『本』2009年9月号
中路啓太 「己惚れの道」より

相対主義の世にあっては、いつの時代にも変わらないように見える、あるいは決して変えてはならないと思われる大きな価値や指針は消えうせ、多様にして小さな価値が並存するようになる。人生哲学や政事信条や政党などでもいいし、就職先や商品でも、健康法やダイエット法など何でもよいが、割合に信頼できると思えるものや興奮させてくれるものがいっときあらわれたとしても、それが恒久的かつ絶対的なものだなどとは私たちにはまず思えない。来年や来月、いや、ひょっとすると来週あたりに、比較してもっとよいものが目の前に登場すれば、そちらへ乗り換えようと思っている。そのこと自体は、私たちの自由度が以前よりはるかに増している証でもあり、必ずしも悪い事態ではないが。

しかしいっぽうで、多種多様な価値や指針が溢れる中、私たちは冷笑的な評論家になることに慣れてしまう。あらゆる物事を見比べ、その足りないところを指摘して冷ややかに笑うことが習慣化してくるのである。その揚げ句に、何も本気では選べなくなる。何を選んでも、欠陥がひそんでいて、人から笑われるような気がしてくるのだ。何かに真剣に取り組むこと自体がひどく無様に思え、結局、一番楽な生き方は、何も選ばず諸事から距離をとり、冷笑的に論評することだという結論にいたるわけである。

けれども、生きるとは選択することだ。・・・略・・・私たちは何かを選び取り、何かを選ばないことによって時を送っている。
そうであれば、どこかの冷笑的な評論家に「馬鹿」といわれることなしに生きることなどできなしない。


以下じゅごんのひとりごと。

ソフトをやるか、やらないか。

今日素振りをするかしないか。

打順と守備位置をどうするか。

打つか打たないか。

どこに投げるか投げないか。

走るか走らないか・・・・

どんな場面でも「選択」「決断」が求められるのがスポーツでありソフトである。

「間違ったからもう一回時間を戻してください」は
SFの世界だけの話だ・・・・

だから、子供たちにとっても、私たちにとっても
ソフト(をやること)は面白いと言えると思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うれしいこと

どんなときにうれしいか?
かんがえてみた

すきなひととけっこんしたとき
うれしかった

こどもがうまれたとき
うれしかった

こどもが立ったとき
うれしかった

こどもが「おとうさん」っていったとき
うれしかった

こどもが小学校に入学したとき
うれしかった

こどもとキャッチボールしたとき
うれしかった

こどもがソフトボールをはじめたとき
うれしかった

こどもがユニフォームをきたとき
うれしかった

こどもがフライをとったとき
うれしかった

 

こどもがアウトをとったとき
うれしかった

こどもがヒットを打ったとき
うれしかった

こどものチームが勝ったとき
うれしかった

チームが優勝したとき
うれしかった

ごはんがおいしかったとき
うれしかった

こどもたちが元気にグランドにあつまったとき
うれしかった

試合の相手のチームが元気よかったとき
うれしかった

いろんなともだちができたこと
うれしかった

こどもの誕生日にケーキをたべたとき
うれしかった

新入部員がはいったとき
うれしかった

お天気が良くてソフトボールができたとき
うれしかった

負けてる試合だけど
最後まで一生懸命こどもたちがプレーしてるとき
うれしかった

こどもたちとソフトボールができて
いっぱいのうれしいをもらっているなぁ・・・・

もっともっとうれしい思いができるために
どうすればいいのかを
考えて、やっていこう!

うれしいは、いいことだ。

コメントをもらったときも
うれしいです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

帰ってきた酔っ払い

4年生大会に向けて
熱のこもった練習の土曜日

じゅごんは練習をお休みさせてもらいました。

じゅごんのお父さんが2年前の10月にに亡くなって
おばあちゃん(じゅごんのお母さん)が一人で寂しく暮らしているので
遊びに行ったのです。

もうひとつ目的があって
おじいちゃん(じゅごんのお父さん)が植えた
かぼすと柿が実を結び
この時季に収穫しないといけないからです。

じゅごんのおうちは、門司というとこにあって
山と海の町です。

おうちは崖の上に建っていて、かぼすと柿も
崖に植えられています。

だから、ただ落とすだけでは、崖をころころ転げていって
しまいます。

じゅごんのお姉さんが
網を構えて
じゅごんが枝を切って、収穫しました。

日帰りしようと思っていたのですが
ばあちゃんが「泊まっていきなさい」というので
夜、ばあちゃんやお姉さんの家族と一緒にお酒を飲んで
よっぱらいました。

さあ、日曜日は、いよいよ宇美4年生大会です。
じぃごんは、早起きして、福岡に帰ってきました。

9人しかいない4年生、3年生、2年生。
全員風邪をひかずに、揃っていました。

これだけで「100点」です。

いざ試合会場へ。天気は良かったけど、風に肌寒さも感じる気温。

初戦、勝利

2回戦、敗退。
リンク敗退。

でも、みんなは輝いていた!

トモは1週間前は肘が痛かったのに全力投球
ちひろは3年生とは思えないキャッチャーで堂々たる守備、打撃。
ジュンヤはまだ日が浅いのに大きな声を出してナイスプレー。
マサキは2年生なのに、すごく上手なセカンド。
コウキ、君のファイト溢れるプレーに、千早西のサードはまかせられると思ったよ。
キャプテンとして、再三のファインプレーでみんなを引っ張ったタケト。
大きな声を出し続け、ボールをどこまでも追いかけたタイセイ。
球に負けずに向かっていったなぎ。
そして、立派に相手に向かっていった、ゆうさく。

誰一人欠けても、試合ができないなか。
頑張りました・・・・

ところで、誰かがけがしたらアウトなので、
今日は、みんなの妹に頼んで、ユニフォームを着てもらったね。

朝は恥ずかしがっていた、妹たち・・・
1試合目と2試合目の合間に
ドラゴン監督に直訴!
「試合にだしてくれなきゃ嫌だ!」

女に弱いドラゴン監督は
妹3人をピンチヒッターとして起用。

3人、空振りの三振で、とってもよかったです。
感想は「また出たい」(笑)

なんというか、優勝できなかったのは残念ですけど
今日のお天気のように、すがすがしい試合でした。

千早西魂を感じた試合でした!

我々が、教えているのは
「困難に直面しても、逃げ出さず、挑戦していく」
そういう生き方なのだと思います!

よく頑張った!

ちなみにこの大会で勝ったのは、今年が初めてです。
歴史に、たしかな足跡を残しました!

おまけ

今日誕生日だった31コーチに、サプライズでみんなが

ハッピバースディを歌ってくれました。

31コーチは、目から汗を流してましたね!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3連休の締めは懇親会

秋空のもと、爽やかな3連休でした。

まず10日(土)は遠賀育成会チャンピオン大会に参加
結果は・・・2敗
試合内容も正直、不甲斐ないものでした。

よくプロ野球などで「消化試合」となり
優勝やCSの出場が絶望となったチームが
目標を持ったチームに太刀打ちできないことがあります。

もちろん一人一人は「負けたい」と思っている選手はいないでしょう。
しかし、チームが一丸となって、勝利という目標に向け
120%の努力をし、気持ちをひとつにして戦えているかというと
そうとは見えない内容でした。

これは、代表である私を含めて、コーチ陣の問題もあるでしょう。
お天気とは裏腹に気持ちが沈みがちな連休初日・・・

じゅごんは「校区体育祭」の準備のために
一足先に帰りました。

11日は千早西校区体育祭。
先週小学校の運動会があったばかりですが
町内対抗の校区体育祭は、また違った盛り上がりがあります。

町内の代表としてがんばって走っている西クラブのみんなの顔は
生き生きしていました。
この表情を、試合でも引き出してあげるためにはどうすればよいのかな?
と、ふと考えました。

12日は、千早公園が使えないので、
保護者の方が奔走して確保してくれたグランドで練習&練習試合
ウイングスさん、下原さんお世話になりました。

じゅごんは、アキラの野球の方へ行かせてもらいました。

そして夕方から、保護者の方々から提案があった
「保護者・コーチ陣の懇親会」が開催。

帰りがみんなより遅くなって、店についたときはもう
「できあがった状態」

追いつくのに、ハイペースでがんばりました(笑)

久しぶりの顔
初めて一緒に飲む顔
初めて聞く話

保護者の方々の「熱さ!」が一気に伝わってきました。

やっぱり「愛」ですね!
厳しさを求めるからには、その前提として「愛」が必要です。

子どもたちを、もっともっと愛して、そうすればコーチたちの気持ちは
伝わるのではないかと思いました。

最後に「今年のチームはきっとやれるチームです!必ずやれると確信しました」と代表として挨拶させていただきました。

来週は、元気な4年生たち、3年生、2年生が主役の大会です。
きっと、たくさんの発見や感動があると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運動会

10月4日は千早西小の運動会。
スポーツの秋にふさわしい晴天・快晴。

一方、先輩らが在籍の一中野球部は
新人戦でサヨナラ勝ち!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »