« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

満月

6年生諸君
さすがにこの時間に起きているヤツはいないだろう。
布団の中で、健やかな寝息を立てていることと思う。

空には満月。明日(今日)の天気は良さそうだ。
それだけでも、君たちはツイてるぜ・・・

今年は、大晦日から元旦にかけての夜が満月だった。
昔、江戸時代までは、新月が月末で
満月が15日(だから15夜ってんだね)
また新月になったら月が改まる・・・・

だから1月29-30日が「満月」なんてことはなかったんだけど・・・
今は、太陽暦(1年を約365日で1年とする)だから、
満月の月末もあるんだ。

そして今夜の満月は、特別な満月だよ。
月の満ち欠けは、29.5日を周期として繰り返される。
(つまり29.5日で地球の周りを1周する)

一月のうち、2回見える満月。それが今夜だ。
この満月のことを「ブルームーン」って言うんだ。
これは「珍しいこと」っていう意味としても使われる。

どうだ?屋形原杯、千早西が優勝してもOKだと思わないかい?
前の満月には、なんと月食も起こったんだよ!

こんな「珍しい日」なんだから(笑)

冗談はさておき、6年生は、月の満ち欠けが
太陽と月の位置の関係で、太陽に反射している部分だけが
明るく見えるから起きるってこと、多分理科の時間に習ったよね。

もし習ってなくても、知ってるだろう?
まあ、知らなくてもいいや。

俺や監督や、他のコーチは知ってるよ。

満月も、三日月も、新月も
見える部分が違うだけで
月は、ちゃんと丸いままの姿であるんだってことを。

光が当たる部分もあれば、当たらない時もある。
でも、月の形が変わってるわけじゃない。
ちゃんと丸い形でそこにあるんだ。

人生もそう。
光が当たるときもあれば、光があたらないときもある。

でもそれで、君たちが「無くなったり、欠けたりするわけじゃない」
君たちは君たち自身として、ちゃんとある。
命ある限り、ちゃんとあるってことを、君たちを見てきた
俺たちは知っている。

もちろん全て輝いて、光っている姿を見たいとは思うけど

それが全てじゃないんだ。

「君たちがいる。そのことに御礼が言いたい。ありがとう」

おっと、もうこんな時間だ。
そろそろ寝るとしよう。

今日の試合、君たちの輝きを
しっかり眼にやきつけるために・・・

Good Night! and Good Luck!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白球けがれなし!

今週末は駅伝大会だが、来週はいよいよ6年生ラストゲームの屋形原杯・・・

どういう気持ちで試合に臨むべきか、いろいろ考えてきたが
今日、ひとつ結論が出た。

初心で!

「これで引退」なーんて気持ちではなく
これからまだまだ続く野球やスポーツ、勉強、そして人生への
門出の試合!

このチームで初めて試合をした時の気持ち!
初めて試合に出たときの気持ち!
初めてソフトをしたときの気持ち!

6年生にはそんな気持ちになって
「これが僕たちの始まりの試合だ」という
気持ちで戦って欲しい。

5年生以下も、緊張する必要はない。
自分のできることを、精一杯やる。
それが大事。

封を切った新球のような、真っ白なキャンバスに
君たちの絵を描いてくれ!

(てか、こんな記事書いたら、去年みたいに雁ノ巣が真っ白になりはしないか、それだけが心配。ま、そのときはそのときで・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

完全燃焼へ!

16日、玄海グリーンリーグ35周年記念大会

千早西 5−0 大楠ソフト

千早西 0−4 百道ストロングス

1試合目は打線もつながり快勝でしたが
2試合目は、2アウト2,3塁からのセンターへの飛球を後逸・・・

しかし得点が0点ではいずれにしてもリンク抜けはできませんでした。

6年生が「有終の美」を飾れるようにするために
5年生、4年生がなにをすべきか・・・?

日曜日は朝から青空が広がり
お父さん方も多くがグランドに姿を見せ
みっちりと練習。

お昼はおいしいカレーライスでした。

来週は駅伝大会
そして再来週は、いよいよ6年生ファイナルの
屋形原杯です。

悔いのない試合を!

玄海大会
6年生は、若園アローズさん優勝、清道クラブさん準優勝
5年生の部は、優勝・吉塚さん、準優勝・春日野ライオンズさん

千早西クラブ15期これまでの成績

(九州選抜予選〜玄海記念大会)

練習試合 28勝33敗8引分

公式戦 34勝31敗5引分

リーグ戦 6勝3敗

通算68勝67敗13引き分け!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来はすでに始まっている

よく言われる「過去は変えられない。変えられるのは未来だけだ」

確かにそうだ。
反省して、過去をこれからに生かすのは必要だが
通り過ぎたことをああだこうだと悔やんでも始まらない。

「未来を変えるのは、自分自身」

もっと厳密に言えば、未来を変える方法は
ひとつしかない。

「今、なにをするか」だ。

私たちが選択し、行動できるのは「今、現在」であって
昔や将来の行動をどうにかできるわけではない。

「未来の自分との約束」を実行するのは、今にほかならない。

「未来はすでに始まっている」

「未来はすでに始まっている(Die zukunft hat schon begonnen.)」この言葉はオーストリアの作家ロベルト・ユンクRobert Jungk May 11, 1913 - July 14, 1994)のもの(著書の題名)
ベルリンでユダヤ人の家庭に生まれた彼は、やがてナチの迫害から逃れるために亡命し、ジャーナリストとして活動した。戦後は、アメリカの原爆開発計画(マンハッタン計画)やドイツの原爆開発に関わった科学者の姿を初めて描き、純粋科学への探求が、その目的・利用のしかたによってはいかなる結果を生み出すかを暴いた。
広島も訪れ、彼が紹介した原爆症により幼くして他界した「サダコ」の物語は、その著書によって広く世界へ知られることとなった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2勝7敗

成人の日を含む3連休
すこし和らいだものの、寒さは厳しい3日間でした。

土曜日は曰佐クラブさん主催の「あけおめ大会」に参加。
午前中はべーラン競争などがあり、千早西は・・・・
しかし最後のクイズで大逆転し、福袋をゲットしていました・・・

喜んでいいのやら・・・

午後からは6年生1試合、5年生1試合
2敗・・・いずれもノーヒットという結果。

お正月休みの間、自主練習はちゃんとできていたのか!?

日曜日は桜台ヤングスさんにお世話になり
ファーストトライアルに参加
4試合で1勝3敗・・・・
なかなか「ピリッ!」としたところが見えない。
気持ちも暗〜くなる内容。

そして成人の日
福岡女学院で行われた新チームの練習試合大会へ

最後の最後、弥永リトルガッツさんとの試合で
「これが今季の戦い方」と思える試合ができました。
1勝2敗

通算2勝7敗の今年スタートでした。
うち6年生は1試合
新チーム、どこも仕上がり具合が気になりますが
焦ってはだめ。でも、のんびり構えていてもだめ。
一歩一歩「前進」しなければ。

主催者の各チームのみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高みを知る

昨日の練習初めはどうだったでしょうか?
監督といっしょに「必勝祈願」して
新年の目標を掲げたかな?

全国高校ラグビーで東福岡高校が優勝しました。
2年ぶり2度目の日本一です。
準優勝まではいっても、関西勢の厚い壁に阻まれてきた「優勝」を
一昨年に続いて今年「公式戦無敗」で達成しました。

しかし今年のチームが敗戦を経験していないかというと
そうではありません。
みんなが去年の夏合宿をした
「グローバルアリーナ」では
海外を含む高校生の強豪チームを招く
「ワールドユース」という大会が4月の末からゴールデンウィークにかけて
開かれます。

この大会で東福岡は、前年優勝の南アフリカのチームに予選ラウンドで
そして決勝ではフランスのチームに負けています。

「自分たちの上には、まだまだ上がいる」ということを
知ったからこその、今回の優勝ではないかと思います。

高みに登ったら、また違う景色が見えてきます。
みんなも決して諦めないで、その高みを目指して欲しい。

そうしたライバルたちとの切磋琢磨があってこそ
価値ある、得難い経験を積むことができるのです。

2019年には日本でラグビーのワールドカップが開催されます。
世界のトップレベルと日本代表は、まだ実力の差がありますが
今年花園でプレーした選手たちが、きっとその頃には代表の中心になっているはずです。

楽しみに9年後を待ちたいと思います。
(その頃には、今の5年生が成人ですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

Tiger

2010年も元気に前へ進もう!

1月の予定

6日(水)練習初め、必勝祈願(15:00)

9日(土)練習試合

10日(日)練習試合(新チーム)

11日(祝)練習試合

16日(土)・17日(日) 玄海リーグ35周年記念大会

23日(土)練習

24日(日)リーグ駅伝大会・納会

30日(土)・31日(日) 屋形原ライオンズ杯(6年生ファイナル)

なお、2月7日に総会・卒部式を予定しております。

15期ラストスパートで駆け抜けよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »